釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
| Login |
2015年11月18日 (水) | 編集 |


しばらく更新していませんでした。なかなかに多忙だったりしますが、本も少しだけ読んだり。

世で言う読書家などではないのですが、ぼちぼち読んだりする方ではありますので、これからネタ切れ(笑)した時は、読んだ本のことでも書いていこうかなと思っています。

そういう考えは持ってないとか、自分は大丈夫だという方には、おすすめできるような本ではありませんで、俺のようにヘタレですぐヘニャっとなるような方なら、きっと力強い存在になると思われるのが、ジェリー・ミンチントンの、うまくいっている人の考え方です。

氏は米国の著述家で、自尊心に関する研究を行っている方です。人間関係や自信の度合い、職業の選択、幸福、心の平和、成功。これはすべて、自尊心に密着な関係があると書かれています。

様々な経験を経ていくと、いろいろな問題が、人生には襲いかかるものなのかもしれません。病気や人の死、お金や人間関係。避けられるものなら、誰でも避けたいものですが、そうじゃないケースもあります。

自分の周りを見ていると、座右の銘が「適当」なんて人もいます(笑)しかしこれも、自分の身を守るやり方だなと、随分前から思うようになりました。最近では、そのほうが生きやすいなとも感じます。

他人の気持ちを変えることはできませんが、自分の考えを変えられるのは真実ではないでしょうか。自分に対する考え方を修正して、間違った思い込みを捨て去る。

自分もそうでしたが、凝り固まったものは、ゆっくりほぐしていかなければいけないですね。ゆっくり自然に。

遠くに住むお友達のために、もう一冊買いました。いい本だと思いますから、 いつ会えるかわかりませんが、その時に渡したいと思っています。

うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)
うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)

どうやら、手帳もあるらしいです。

うまくいっている人の手帳2016
うまくいっている人の手帳2016

テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌
2014年01月29日 (水) | 編集 |
雪が少ないなんて記事を書くと、どっさり降ったりするんだよなと思っていたら、
盛岡は昨日、結構雪が降りました。夜は風も強く、何度も起きました。


YouTube岩手日報チャンネル
東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)@ウィキ
IBC岩手放送 いわて希望の一歩
岩手県立図書館 東日本大震災情報ポータル
東海新報紙面データ
岩手日報 <特集>3.11東日本大震災 ~立ち上がろう岩手~
岩手日報企画「12市町村 復興計画を見る」
岩手日報企画 「再興への道」-いわて東日本大震災 検証と提言
河北新報 東北再生あすへの針路
連載 3.11 その時 そして
東海新報コラム 世迷言
河北新報 東北のニュース/アワビ、震災前水準ほぼ回復 岩手・13年水揚げ量30%増
民間職員、4市町で復興に力 初の国要請派遣も
農地復旧、春耕に間に合うか 盛岡・玉山で不安の声
発災後3日間の大船渡、克明に 市立博物館で写真展
盛岡タイムス Web News 対面販売から生の声 6次産業化成功のヒント 盛岡市内の商業施設 農家のとっておき市
カラス市街地襲来 盛岡市、対策急務 : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
岩手)アンテナショップから刺激 大槌で特産品勉強会:朝日新聞デジタル


先日風邪を引いてしまい、鬼の霍乱と笑われる始末。何かで読みましたが、
万病の元という説もあるが、体調を整えるためにも必要ともありました。

健康に気を使わなければいけない歳になっておりますが、こんなニュースが。

がんの征圧は間近か!? - 鳥取大、悪性度の高い未分化がんを正常細胞に転換

本当ならすごい話ですが、iPS細胞のこともあって、人の寿命は
200歳とも300歳とも言われる時代がやってこようとしているのかもしれません。

こうなると逆に、悩み多き人生を送ることも考えられるわけで、
既存の宗教というものは、大事になりかつ、考え方も変えていかなければ
いけないのかなと思いました。

冬は私にとって、たくさん本を読む時期になります。今年になってからは
忙しい日々を過ごしていますが、移動の間や寝る前に読むようにしています。

最近読んだのは古い本ですが、真保裕一さんの連鎖です。

チェルノブイリ原発事故による放射能汚染食品が、ヨーロッパから
検査対象外の別の国経由で輸入されていた...なんて話で、
厚生省の元食品衛生監視員が、真相究明に乗り出すストーリーです。

今の世の中の状況を考えると、二十年前に出版されたこの本を、また
読むことになるとは...なんて思いで読みました。

江戸川乱歩賞受賞作品です。ハードボイルドがお好きな方に。

連鎖 (講談社文庫)
連鎖 (講談社文庫)

テーマ:読書メモ
ジャンル:本・雑誌