釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
| Login |
2017年05月06日 (土) | 編集 |


雨降りの午後を迎えた盛岡です。外は明るくなってきましたので、お天気は回復するのかな?といった感じですね。

雨は嫌いなんですが、今日みたいな日は、全て洗い流してくれる感じがして、ちょっとだけスッキリしました。今日は予約投稿でお送りしております。

数日前のお話でなんですが、高松の池に行ってきました。もうちょっと早めに書けたら良かったんですが、物憂げな5月でありまして^^;

昨日夜の町を散歩してみたら、桜は葉桜へと変わりつつあり、今日の雨で、季節は更に進むことでしょう。

連休中はお天気に恵まれまして^^ ボートに乗って、一番いい季節の風を受けている方でいっぱいでした。そう言えば、ここでボートに乗ったことないなと(笑)

桜とボート

今年初めての、キジさんとの遭遇^^ 声はあちこちで聞いていましたが、お近くにいらっしゃるのは(笑)今年初でした。

キジさんと共に

今回初めて気づいた、あ。こんなところがあったんだという場所。

初めて気づいた場所

葉っぱのほうが目立つようになってきたかな?と思いながら、見上げるぼんぼり。

ぼんぼり

芝水園では、釣りをされている方々。その姿を見て、幸せなんだろうなあと感じていました。

芝水園

ふと見ると、そこには花筏。

花筏

そして花の絨毯。

花の絨毯

遠くからの便りで、遠くに行ってしまった人のことを知りました。長らくうまくいかないことが続いていて、重い気持ちになることも多かったので、少し堪えた便りでした。

忘れたほうがいいことと、忘れてはいけないこと。出会いや別れがあり、泣いたり笑ったりの繰り返し。昨日には戻れないけれど、あの日を思います。思えばきつい時には、ここを訪れることになるんだなと。あの時と一緒です。

一陣の風が吹き、桜吹雪が舞いました。まるで、桜の雨のよう。これはよくある、イタズラだなと思っていました。私をよく知っている人しか、知らない話。

桜の雨のような桜吹雪

理想と現実を考えながら、今も生きています。明日がかならず来るとはいえないから、今を一生懸命生きるしかないんでしょう。

言い方は悪いのですが、くだらないことに付き合ってる場合じゃないなと、意を決する一日でした。

ありがとうの一言を残して、夕暮れの街の中、家路を急ぎました。

夕暮れの高松の池と岩手山

【盛岡の桜】高松の池 花筏 花の絨毯 花吹雪。でした。それではまた、お会いしましょう^^

お花見が終わっても、いつでもベアレンビール^^




テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
2017年05月04日 (木) | 編集 |


5月になりまして、夏日になってしまいました^^; 盛岡です。ゴールデンウィークということもありまして、観光に行かれる方、いらっしゃる方と、人が動けば経済も動く。そんなことを考えながら、黙々と^^; 忙しいです(笑)

山の中の秘密基地へ分け入った帰り道、四十四田ダムへ寄ってみました。今年は行けないかなーと思っていたのですが、運良く^^

最近は桜が咲くのも早く、散るのも同じでしたから、5月では間に合わないかな?と思っていましたが、なんとか名残の桜に間に合ったようです。

連休中はいつもの年ですと、天気が悪くなったりするものですが、現時点ではその心配もなく。土曜は雨が降るらしいのですが、今日は暑いですしね^^;

あちこちお出かけされる方も多いでしょう。熱中症やクマに気をつけて^^;

四十四田公園から、岩手山を望みます。桜も散り始めていました。ここが松園十景のひとつだそうです。

四十四田公園の桜

見下ろせば、四十四田ダム。

四十四田公園から四十四田ダム

公園の中では、お花見をされる方も。小さなお子様がいて、ほのぼのします。

四十四田公園の桜

ダムの上(笑)も、これまた絶景かな絶景かな^^

四十四田ダムから岩手山

仰ぎ見れば、やはり素敵な光景^^

四十四田ダム

姫神山もこんにちは^^

姫神山と桜

最速1○8Kmのストレートを叩き込んだ?(笑) ここで昼休みに、キャッチボールしたのは、とんでもない昔のこと。懐かしい思い出です。

グラウンド

気が向いたらまた、更新します。

【盛岡の桜】松園十景 四十四田公園の桜。連休中でも見られました。でした。それではまた、お会いしましょう^^

お花見は、ベアレンビールで^^




テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
2017年04月24日 (月) | 編集 |


スッキリ晴れ上がった、今日の盛岡です。ようやっとこんな季節がやってきたなあと、まるで冬眠から覚めたかのようになっている私です。

盛岡に住んで長いのですが、気候分布では、冬でもわりと晴れの日が多いとされるのが盛岡。もっとも岩手で言えば、我が古里の釜石のほうが、晴れの日は多いはずです。

雪の景色や冬の寒さ。それを楽しむ方もいらっしゃるでしょうが、私は冬になると、いつも春のことを考えながら過ごしています。今年はとある方法で、今までにない快適な春を過ごしていることもありまして、スギ花粉症になる前の気持ちって、こんな感じだったんだなあと思っています。

ポカポカで、ほんわかする春ですが、世の中の情勢は緊迫の一途です。子供とどこに避難するかも、打ち合わせ済みです。なにもないのが一番ですが、全く準備していないと、人は何もできないものです。

備えあれば憂いなし。忘れたくないものですね。

先日盛岡の町中をぶらぶらしました。雨も降りまして、お花見には向いていない日でしたね。今日明日は、かなり良い天気みたいですから、お時間のある方は短い桜の時期ですし、昼のお花見などに出かけてみてはいかがでしょうか。

前回のブログでは、石割桜と龍谷寺のモリオカシダレを紹介しましたが、今日は中の橋のたもとにある、モリオカシダレについて書いてみます。

お花の姿は、こんな感じです。

中の橋たもとのモリオカシダレ
中の橋たもとのモリオカシダレ
中の橋たもとのモリオカシダレ
中の橋たもとのモリオカシダレ

こちらの由来は、碑がありまして。書いてあります。

碑

元になっているのは、盛岡北山にある、法泉寺のモリオカシダレなんだそうです。桜の時期に訪れたことはなくて、まだ見たことがないんですよね。

参考リンク:法泉寺 -境内散策-

盛岡ロータリークラブが盛岡農業高校の協力を得て、こちらに定植したのが、1982年10月のことだそうです。私がまだ岩手にいた頃なんだなあとか、そんなことを考えながら見ることが多い、モリオカシダレ。

町中ですし、お散歩がてら見ていただきたい、素敵な桜です^^

【盛岡の桜】中の橋たもとのモリオカシダレ。法泉寺・盛岡ロータリークラブ・盛岡農業高校。でした。それではまた、お会いしましょう^^

一番いい季節です。ガイドブック片手に、岩手へ来てみませんか?^^

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

岩手(’17)
価格:972円(税込、送料無料) (2017/4/22時点)




テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
2017年04月22日 (土) | 編集 |


大変ご無沙汰しております^^ 盛岡は晴れたり曇ったり。お花見には肌寒い感じがしています。夜は特に、大変そうです。

世の中の状況があまりよろしくないので、いろいろ考える日々でした。

心外無別法(しんげむべっぽう)という言葉があります。何か悩むことがあった時は、この言葉を考えるようにしています。

自分は幸せだとか、不幸せであるとか。それは他人が作り出したものではなく、自分の心が作り出したもの。

様々なことがあるでしょうが、落ち着いて道を探しながら、手を取り合って生きていきたいですね。

桜の時期を迎えまして、岩手公園にも行ってみましたが、そこの主...(実際にそんな人はいません(笑))

あくまで比喩ですが^^; そんな方が仰っていました。今年は寒くて、去年みたいにまだ咲いていないよと。そこで去年の写真を見たのですが、まさにそのとおりでした。さすが主(笑)(だから違うって)

さて、どこに行ってみようかな?と思いつつ、石割桜の前に来てみましたが、毎年の光景が見えてきました。時間によりますけど、激混みですね。こういう時はパスしまして、龍谷寺へ向かいます。

中央通から本町通を横切り、寺町通りをしばらく進みますと、そこに龍谷寺があります。

盛岡には実は、国の天然記念物の桜が二ヶ所あります。それが石割桜と、こちらのモリオカシダレになりますね。全国に天然記念物の桜は三十数ヶ所あるそうですが、同じ町に二つあるのは、珍しいみたいですね。

行ってみると...はー...今年も可愛らしい姿で迎えてくれました。石割桜はすごい人の数ですが、龍谷寺はひっそりとしています。ゆっくり見られるので、私は好きですね。

龍谷寺のモリオカシダレ
龍谷寺のモリオカシダレ
龍谷寺のモリオカシダレ
龍谷寺のモリオカシダレ

今年も出逢えたことに感謝し、名残惜しいのですが、龍谷寺を後にしました。

石割桜に向かってみますと、さっきよりは人が少なくなっていまして。こんな感じでした。

石割桜
石割桜
石割桜
石割桜

桜の季節はあっという間で、儚さもひとしきり。

一人ひとり、桜の花には思い出があると思います。どこかの場所の、あの時の桜。私にも幾つか、そんな思い出があります。

あの日から、桜を見ながら思うことは、全く違うものになりました。それでも自分は、前を向いて歩いていこうと思います。

【盛岡の桜】石割桜と、龍谷寺のモリオカシダレ。両方とも、国の天然記念物なんです。でした。それではまた、お会いしましょう^^

ガイドブック片手に、岩手へ来てみませんか?^^

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

岩手(’17)
価格:972円(税込、送料無料) (2017/4/22時点)




テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報