釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
| Login |
2012年03月09日 (金) | 編集 |
YouTube岩手日報チャンネル
東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)@ウィキ
IBC岩手放送安否情報
東北関東大震災関連リンク集 岩手県立図書館
東北地方太平洋沖地震:釜石市・大槌町情報 - トップページ
東海新報紙面データ
岩手日報企画「12市町村 復興計画を見る」
岩手日報企画 「再興への道」-いわて東日本大震災 検証と提言
河北新報 東北再生あすへの針路
連載 3.11 その時 そして
津波てんでんこ
河北新報 東北のニュース/市民の67%「復興遅い」 岩手県立大が大船渡で意識調査
河北新報 東北のニュース/陸前高田の被災ジャズ喫茶 大船渡で11日オープン
河北新報 東北のニュース/復興未来へ夢切符 釜石の3・11イベントで販売
河北新報 東北のニュース/BRT、沿線市町募る不信 正式提案ないまま1ヵ月
河北新報 東北のニュース/双日食料水産、釜石の新工場稼働 関係者に披露
河北新報 東北のニュース/電子部品製造ウェーブクレスト、新工場内陸移転し操業 宮古
河北新報 東北のニュース/ワカメ輝き、浜には笑顔 岩手で収穫本格化
観光客数、実態と違う? 盛岡さんさ踊りに指摘
「飲兵衛列車」が9日復活 三鉄再開で前祝い
「みなし仮設」期間に批判 県が国に延長要請へ
ロフトがカワトクに出店 若い女性層に抜群の吸引力
東京と被災地結ぶ 復興応援バスツアー 岩手 - MSN産経ニュース
防潮堤復旧 県内で初着工 : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
三陸でイサダ漁解禁 : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
避難女性 手芸で収入を : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
朝日新聞デジタル:感謝の旋律 海超え届け 花巻市-マイタウン岩手
朝日新聞デジタル:被災写真美しく再生 盛岡・大船渡で展示-マイタウン岩手
東日本大震災:陸前高田で津波被害あった油絵、三重県立美術館で修復展示 /岩手 - 毎日jp(毎日新聞)
投資詐欺:震災に便乗 花巻の施設改築と電話勧誘 /岩手 - 毎日jp(毎日新聞)



明日に向って走れ(紙ジャケット仕様)
明日に向って走れ(紙ジャケット仕様)

あれから一年が経とうとしています。そんな感じは全くしていなくて、
時は容赦なく進んでいるのに、心の中には喪失感だけが残っている。
そんな感じです。

釜石市、震災殉職の消防団員遺族に感謝状

この中には、遊んでくれた近所の先輩がいます。兄貴の同級生でもあります。
感謝状一枚ぽっちで何を...とも思います。失われた命は帰ってきません。

美談に非ず・大槌町消防団の教訓(中)

消防団の現状は、全国どこに行っても同じだと思います。大した手当を
もらえるわけでもなく、それでもみんなのためにやる。何か問題があれば、
文句だけは言われる。例え一億円もらっても、亡くなった人は帰ってきません。
せつないだけです、本当に。

釜石の奇跡が、あちこちで賞賛されています。しかし市の防災担当にとっては、
かえってきつく感じているんじゃないかと思います。備えは完全ではなく、
釜石では1,000人規模で亡くなる方が居られたわけですから。

責任を問うたからといって、亡くなった人は帰ってきません。しかし、
責任を問わなければ、同じ事を繰り返す。そう思います。

私は震災当時から、国や県の対応を苦々しく思っていました。ここでもいろいろと
書いてきましたが...法律で決められているからしょうがないといいますが、
例えば女川原発であったように、本来一般人が立ち入ってはいけないと決められて
いる場所に、非常時だから避難させたわけです。非常時にそれをやって、
誰が責めるというのでしょう。責めませんよ、誰も。ユーストリームで中学生が
NHKの放送を配信しても、中の人が容認したじゃないですか。どうしてあの時、
心の深さというか、胆力がなかったのか。

「俺が全て責任を取るからやれ」 これがリーダーたるものの姿のはず。
助かった命だって、きっとあったのではないでしょうか。

そのぐらいのレベルの人間しかいないと言われれば、そうですかと言うしかあり
ませんが、1年経つ今だからこそ、外部の人間に監査させるべきなんだと思って
います。やらないでしょうけどね。でもこれを放置すれば、将来また同じ事を
繰り返すでしょう。これから続く人たちが、大変な目に遭わないためにも、
きちんとした検証を望みたいです。

閑話休題。釜石だけでなく、太平洋沿岸は風の強いところが多いです。
津波で何もかも持って行かれてから、風の通りがまたすごくなったような、
そんな感じがしています。

この頃、吉田拓郎の明日に向かって走れのCDをよく聞いています。
拓郎氏は、私よりも上の世代が聞いていた音楽で、私は兄貴が聞いていたのを
耳にしていました。

風の街という曲があります。

♪道の向こうで手を降った 大きな声でサヨナラ言った
あいつをフッと思い出す 今も元気でいるだろうか
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
懐かしすぎる友達や人に言えない悲しみすら 風が運んでくれる街

こんな歌詞なんですが、風が悲しみや辛さを運んで欲しい。
そんな思いで毎日聞いています。循環コードが気持ちよく、
ギターを弾きながら歌ってみました。俺の心の悲しみも、
風が運んでくれたら...いつかはきっとそうなってほしいです。

テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報