釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
| Login |
2015年11月28日 (土) | 編集 |


昨日と打って変わって快晴の盛岡です。日にあたっていると、溶けそうです(笑)昨日はずぶ濡れになりながら外にいたので、この違いに少し驚いたり。

週間予報を見ますと、内陸部は晴れるのが12/2だけ。貴重な晴れ間になりそうです。

畠山、感激ひとしお ヤクルト優勝感謝のつどい
【みちのく会社訪問】岩手ヤクルト工場(北上市) - 産経ニュース
来年9月に花巻で神楽の「全国大会」:朝日新聞デジタル
近藤氏(前文化庁長官)が名誉館長 平泉文化遺産センター | Iwanichi Online 岩手日日新聞社

盛岡ぶらぶらを一回お休みしまして、イベントの情報を。

秋から冬といいますと、三陸のお魚が美味しくなる季節ですね。俺も子供の頃は、親父と一緒に川に行って、販売している鮭を買い求めたものです。懐かしい思い出ですね。

山田町で、やまだの鮭まつりが開催されます。

日時:2015年11月29日(日) 9:00~14:00
場所:山田魚市場



報道されていますように、漁獲が低調ということで、鮭のつかみどりは残念ながら中止だそうです。しかし、お餅やお菓子をまくえびすまきや、各種海産物の販売、鮭汁やハラッコうどん(俺は大好きで、家で作って食べてます)の提供、お楽しみ抽選会の開催が予定されています。

内陸から行かれる方は、そろそろ峠越えの準備をしつつ、行ってみるといいですね。 俺もいろいろな物事に整理をつけて、また県内を巡ってみたいなと、そんな思いでおります。

山田 やまだの鮭まつり

テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
2015年11月26日 (木) | 編集 |


冷たい雨に濡れる盛岡です。だんだん雪が普通になる季節が近づいております。

盛岡は近年、かなり細い路地まで除雪してくれるようになりまして、申し訳ない気持ちもあったりします。働く人口が現在と比べて、2030年には急激に減ると言われている岩手。体をより一層鍛えて、スーパーじじいになってやろうか?などと、アホなことを考えております。

やはり生涯現役を目指し、寝込むことなく、世を去るのが一番なのかなと思う今日このごろであります。

29日開通の吉浜道公開 大船渡、復興加速に期待
新たな「釜石ブランド」育成へ 高級魚「クエ」養殖事業化で復興にはずみ 東京海洋大など3大学共同研究(1/3ページ) - 産経ニュース
ホソハンミョウ 盛岡で発見 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
盛岡でつじあやのさんウクレレ教室 MOSSビル9周年イベント - 盛岡経済新聞


ネタを小出しにするシリーズは、これを含めて(たぶん)2回で終わります。

下の橋を超えて、大清水小路と呼ぶんでしたっけ。その辺りを進んでいた際に、目に止まったのが、新渡戸稲造生誕の地。思えばここは、ちらっと眺めるだけで、いつもそのまま通り過ぎていたところでした。

新渡戸稲造生誕の地
新渡戸稲造生誕の地説明

像を見ながら...何もかも見透かしたような、優しい眼差しに、なんだか少し、うるっとする感じが。

新渡戸稲造像
新渡戸稲造像寄り

説明もありますが...ちょっと見づらく。

新渡戸稲造説明文

長々と歩いてきましたので、ベンチに座り、休んでいましたところ、男性の方から声をかけられました。 「盛岡の方ですか?」

はいと答えると、新渡戸稲造は、クエーカー教の関係なんですねと。そうですねと答えると、そこから小一時間の授業?といった感じでした。教えられているのは、俺のほうです(笑)

木の話や何故かトイレの話、そして震災の時のフォローをしてくれた話など、ありがたくためになるお話でありました。

どうやら講演会でいらっしゃっていた、かなり偉い先生のようで...身分を明かしてはくれませんでしたが、相当いろんなことをご存知な、素晴らしい方でした。

お礼を言って別れ、ふと空を仰げば、鳥さんが。

鳥

一心不乱に、何かをついばんで、そしてこの後、大空に旅立って行きました。きっと考えがまとまったんだな...俺はまだだなと、そんなことを考えていました。

次回(恐らく)最終回に続きます。

テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
2015年11月24日 (火) | 編集 |


この間の記事に、今年の冬はどうなるかなあと書いたりしたので、急に寒くなった...わけではないですけど、急に冬がやってきたような感じですね。昨日は1月半ばぐらいの寒さだったのではないでしょうか。

前から書いていますけど、それでも昔よりは、ずっと暖かいんでしょうね。盛岡に住んでいるのが、一番長くなっていますけど、確かに来た頃は、泣けましたので。寒くて。

あの頃買ったコートを着ることはありませんが、そんなものを見ながら、随分時間が経ったんだなあと、そんなことを考えています。

明日の夜は雪が降るかもしれません。空の色も、冬色でした。

さて、ネタを小出しにするシリーズです(笑)

散歩は趣味のようなものなので、いつもテクテク。田舎は意識しないと、体がなまることもありまして、なるべく歩くことにしています。ぶらぶらと、賢治清水にやってきました。

案内板です。宮沢賢治さんが下宿していたゆかりの地ということで...
賢治清水案内板081.jpg

向かって右側の駐車場に、当時使っていた井戸があるんですね。
宮沢賢治さん使用の井戸案内板

ひっそりと、残されています。
宮沢賢治さん使用の井戸1
宮沢賢治さん使用の井戸2

歌碑と、飲用できる、賢治清水があります。この日も、水を汲みに来る方々がいらっしゃいました。その間隙を縫って(笑)俺もご相伴に預かりました。水量が多く、どんどんと流れてきますね。柔らかい感じのする、美味しい水です。
歌碑

この時点でお腹がすいた方は近くの「やまや」さんで、おそばをいただくのがいいと思います。
やまや

ふと振り返ってみると、近くには、最近お気に入りの消火栓が(笑)
消火栓

下の橋は、いつもの姿でした。
下の橋

擬宝珠を見て回りましたが、上の橋のものや、中の橋に架けられていたものがあるようですね。
擬宝珠

下の橋の上から、中津川を見ていました。
下の橋の上から

ぼんやりと眺めながら、人生はいろんなことがあるものだなあと。そんなことを考えていたら、この後、縁は異なもの味なものな体験をするとは、思いもよりませんでした。それは次回に。

テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
2015年11月21日 (土) | 編集 |


穏やかなといいますか、冬の前の、貴重な晴れ間の一日でした。やらなければいけないことや、考えて実行しなければいけない案件は山積みですが、何も考えない一日(数日かも)は必要だなと思います。

予報を見ると、明日の朝は氷点下らしい盛岡。そして来週の晴れは、一日だけみたいです。天気が良ければ、すっきりしますが、悪いとちょっと萎える感じもありますので、余計なことは考えないようにしたいですね。

昨日ちょっと、散歩してみました。かなりいろんなところに行ったのですが、小出しに。ネタ切れのため(笑)

新聞に開運橋の塗替えが終わりつつあるような事が書いてありましたので、行ってみました。と、その前に、こちらも新聞に出ていた、木伏緑地。

まずは入り口へ。

木伏緑地入り口

木伏緑地公園は、盛岡駅前の、世間遺産に認定されています。なかなか面白い。

盛岡駅前世間遺産

石川啄木の、歌碑があります。

かの時に言ひそびれたる 大切の言葉は今も 胸にのこれど

石川啄木の歌碑

震災の後に友を亡くし、この詩を見ながら、なんとも言えない気持ちになりました...言いそびれた言葉は、いっぱいだなあと...。

その木伏緑地ですが、現在工事中です。報道では、ステージができたりするなんてことでしたが、一体どんな感じになるのかなと。駅前の貴重な場所は、どう変わるんでしょうね。

木伏緑地

下に降りて、開運橋を眺めてみました。ホワイト・イエローって言うんですかね。

お化粧を直した開運橋1

渡ってみました。

お化粧を直した開運橋2
お化粧を直した開運橋3

岩手山と北上川は、変わりなく。

岩手山と北上川

横断歩道を渡ってみたら、反対側はまだ、カバーが掛けられたままでした。

お化粧を直した開運橋4

ぶらぶらのついでに、不来方橋から、見てみました。これからは、こういう光景になるんだなと。

不来方橋より、開運橋を望む

今年の冬は寒いのかな?雪が多いのかな?と思いながら、見ていました。

テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
2015年11月18日 (水) | 編集 |


しばらく更新していませんでした。なかなかに多忙だったりしますが、本も少しだけ読んだり。

世で言う読書家などではないのですが、ぼちぼち読んだりする方ではありますので、これからネタ切れ(笑)した時は、読んだ本のことでも書いていこうかなと思っています。

そういう考えは持ってないとか、自分は大丈夫だという方には、おすすめできるような本ではありませんで、俺のようにヘタレですぐヘニャっとなるような方なら、きっと力強い存在になると思われるのが、ジェリー・ミンチントンの、うまくいっている人の考え方です。

氏は米国の著述家で、自尊心に関する研究を行っている方です。人間関係や自信の度合い、職業の選択、幸福、心の平和、成功。これはすべて、自尊心に密着な関係があると書かれています。

様々な経験を経ていくと、いろいろな問題が、人生には襲いかかるものなのかもしれません。病気や人の死、お金や人間関係。避けられるものなら、誰でも避けたいものですが、そうじゃないケースもあります。

自分の周りを見ていると、座右の銘が「適当」なんて人もいます(笑)しかしこれも、自分の身を守るやり方だなと、随分前から思うようになりました。最近では、そのほうが生きやすいなとも感じます。

他人の気持ちを変えることはできませんが、自分の考えを変えられるのは真実ではないでしょうか。自分に対する考え方を修正して、間違った思い込みを捨て去る。

自分もそうでしたが、凝り固まったものは、ゆっくりほぐしていかなければいけないですね。ゆっくり自然に。

遠くに住むお友達のために、もう一冊買いました。いい本だと思いますから、 いつ会えるかわかりませんが、その時に渡したいと思っています。

うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)
うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)

どうやら、手帳もあるらしいです。

うまくいっている人の手帳2016
うまくいっている人の手帳2016

テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌