釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
| Login |
2015年12月31日 (木) | 編集 |


大晦日の盛岡は快晴です。長年住んでいますが、たぶん珍しいんだろうなと。屋根の雪と、青空のコントラストが眩しいです。部屋にはサン・キャッチャーボールからの、七色の光が差し込んできます。

自分にとって今年は、大きな変化のあった年でした。一生忘れられないような、出会いもありました。今も生きていられることに、感謝しています。

手帳や雑多な事柄を書いたノートを見ると、今年やろうとしたことや、こう考えるといいんだよな?ってことの多くを、実現できたのに気づきました。しかし今までいたところをノープランで旅立つという、自分らしい暴挙は、きっと周りの失笑を誘ってるんだろうなと思いつつ、自分にはその思考は全く関係ないことでして...。

歌を聞き、自分も歌い、本を読み、自然に触れて、仲の良い人と話し合う。自分にとってはそんなことが、これからも生きていく活力になるんだろうなと思います。

あの日先輩や同級生、そのお子さんが一瞬でいなくなり、私の家や爺ちゃんとの思い出の家、おじさん・おばさんの家も消えました。震災関連死でおじさんが亡くなり、高校の時に悪さを一緒にしていた友は、復興のために駆けまわった末に、命を落としてしまいました。

それからと言うもの、自分の中に残った辛い思いは、なかなか拭い去ることができずにいましたし、こうしなければいけない的な、強迫観念のようなものに、ずっと襲われてきたような気がします。

きっと今自分が考えていることは、時薬によって癒やされたから出てきたものなのかもしれません。そしてこの間、時間をかけて、何かにたどり着いたのかもしれません。

うちの田舎の人間は、私が知っている限りの話になりますが、一様に明るいです。辛い目に遭っても、うん大丈夫だよとか、また馬鹿話すっぺとか、顔見せろとか、できることやれやとか...

今までいろいろ考えてきましたが、誰も誰かの代わりにはなれないわけですから、私は私のできることをやっていく。そして皆さんが仰るように、見守っていこうと思っています。みんなが諦めていないのだから、私も諦めません。

今年を締めくくる言葉は、「迷った時は遠くを見よう」

私は夢や希望という言葉は使いたくありません。毎日毎日一生懸命生きて、その積み重ねを大事にしたいです。今を迷って何もできなくなりそうな時は、遠くの自分を見て、今を再構成する。

自分はとっても弱い人間ですから、こうやって生きてきました。誰かにどうしなさいとは決して言えません。やり方も人それぞれでしょう。自分ができることを懸命にやっていくのが、人の道だと思います。

部屋を掃除し、カレンダーを架け替えました。明日もまた、いい日がやってきます。だからどうか諦めないで。

私の願いです。

テーマ:日記
ジャンル:日記
2015年12月19日 (土) | 編集 |


小雪が舞ったり、晴れ間が覗いたり。雪が積もる気配は一向にない、穏やかな盛岡です。

へそ曲がりなのか、年の瀬という感覚を、あまり持たないで長々と生きてきました。もちろん一年を納め、新しい年を迎えるために、様々なことをしますけれども、今を大事にする気持ちが重要だと思っていますので、日々は積み重ねで、それの継続だと考えているからなのかもしれません。

神仏に頼る生き方もあれば、違うところを見ながら生きるものもいる。人それぞれの生き方があるのが、日本の特徴のような気がします。

10周年に感謝し25時間放送 二戸・カシオペアFM
冬将軍、師走足踏み? 県内少雪、気温高め
鳴尾氏、シンガポールのクラブ監督に グルージャ前監督


第44回元祖宮古鮭まつりが開催されます。

日時:平成27年12月20日(日) 8:30~12:30
場所:津軽石川

震災以降、河川では開催されていなかったようですが、今年から復活ということで、めでたいですね。

鮭のつかみ捕りは4回行われるようで、全部で200人。鮭つかみ捕り券販売開始は、8時30分からだそうです。

冬の風物詩と言いますか...昔からニュースで見るたびに、懐かしい思いで見ていました。鮭、好きなんですよね。酒も好きですが(笑)

具体的な場所は、津軽石駅から近いところになるようです。参考リンクから、ご確認ください。

参考リンク:第44回 元祖宮古鮭まつり | 宮古旅手帳

テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
2015年12月16日 (水) | 編集 |


クリスマスや年末だとか、焦る方もいらっしゃるようですが、もしそうだとしましても、日々は移り変わり、毎日新しい日がやってくるということです。どんな人にも平等に与えられているものが、時間ですね。

何か焦るというよりも、日々を自分なりに生きていくことが、大事ではないでしょうか。未来に目を向けることも重要なんでしょうが、その時その時を大事にするほうが良いと、昔の偉い方々が、一様におっしゃっております。

心の中といいますか、頭の中は、適当に。あんまり考えこまないことが、肝要ではないかと思います。

<山田線脱線>復旧めど立たず年末年始影響も | 河北新報オンラインニュース
<大槌旧庁舎>町長、年度内解体を断念 | 河北新報オンラインニュース
かさ上げ地に仮設の市道 陸前高田で初の開通
「ベル」の名物ドアマン引退へ 盛岡、笑顔の11年
[全国高校サッカー]遠野 粘り強さで挑む : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
地域スポーツ支援サイト「ふるさとスポーツ.jp」始動 岩手ビッグブルズも加盟 - 盛岡経済新聞
被災者の声を事例集に残す | 東北復興新聞


2015小岩井ウィンターイルミネーション銀河農場の夜が開催されています。

日時:2015年11月21日(土)~2016年1月3日(日)
イルミネーション点灯時間:16:00~20:00
場所:小岩井農場まきば園



東北最大級の、星と光の競演ということで...行ってみたいなあと思いつつ、いつも冬は忙しくて、どこにも行けなかったりしています。

緑の巨大クリスマスツリーや銀河のまきば、銀河鉄道SLに、宇宙のトンネル。若い人は、恋人たちのツリーなどが、良さそうです。

最終日の1/3には、ファイナル花火が19:30より開催されるようです。天候が良ければ、素敵な一夜になるでしょうね。

明日辺りから、雪が降るらしく、そろそろ冬本番になるのかもしれません。今年は今のところ、まだ冬の感じがあまりしてきませんが、そろそろなんだろうなと、そんなことを考えています。

小岩井ウィンターイルミネーション銀河農場の夜
小岩井ウィンターイルミネーション銀河農場の夜

参考リンク:小岩井ウィンターイルミネーション「銀河農場の夜」開催中! |まきば園だより|小岩井農場

テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
2015年12月12日 (土) | 編集 |


昨日は夕方ぐらいまで、まさに嵐といった表現がピッタリの天気でした。今朝はハクチョウさんの鳴き声で目覚めました。子供は優雅だねえなどと、すっとぼけたことを言ってましたが、でもそうだよなあと。

嵐の後には、晴れ間がやってくる。人の道も、そうかもしれません。年齢や状況など、人によって、いろんなことがあるでしょう。しかし焦らずに。自分に言い聞かせる、言葉でもあります。自分に関わる方々には、ありがとうと。プラスの言葉や考え方をしていたほうが、健康的です。

本日のBGMは何故か、こちら。オイララテン系(笑)

Very Best of the Gipsy Kings
Very Best of the Gipsy Kings

<センバツ>21世紀枠 釜石が候補 | 河北新報オンラインニュース
釜石、21世紀枠候補9校に選出 来春センバツ東北代表
乗客10人けが、運転再開めど立たず 山田線列車脱線
釜石SW、TC1進出狙う あす13日、TC2九電戦
【ろっけんグルメ】まんぷく食堂(岩手県釜石市) 三陸の食材の味生かす - 産経ニュース
盛岡・開運橋交通規制解除間もなく 22日からはライトアップも - 盛岡経済新聞
【企業がつなぐチカラ①】復興現場のリーダーから学べ 新たなビジネスのヒント | 東北復興新聞


第35回岩手の鮭まつり、第43回岩手の海産物まつり開催中です!

日時:平成27年12月12日(土)10:00~16:00、平成27年12月13日(日)10:00~15:00
場所:もりおか歴史文化館前広場



今朝ぼんやりしながら、珍しくローカル番組を見ていたら、中継をやっておりました。今年は鮭が不漁と聞いていますが、それ以外の海の幸も、たくさん売っているようでした。

あれ以来、いろいろなところで、様々なお話を聞きます。盛岡で話すと、「自分は何をしたらいいかわからないから、何をして欲しいか、教えて」という声です。

人は生まれ育ってきた環境で、一人ひとりが違う人間になります。ですから、考え方も変わってくるものですね。誤解を恐れず言いますが、それぞれがその立場になったら、心から望んで何をしていけるか。非常に難しいと思います。

しかし、何ができるのか?の解は、「できること」になるんだと思うんですね。今回のようなイベントに行って、お買い物をしてみる。時間もお金もある方は、その地を訪れて、地元の人と触れ合ったり、そこにお金を落としていったり。

あれから、様々ないんちき臭い団体が雨後の竹の子のように生まれては、消えていったり、消えつつありますが、俺は最初から信用していませんでした。売名だったり、単に自分の飯が食いたいためだけだろう?と思っていましたので。

確かに個人でできることは自分もそうですが、限界があります。しかし、今もこれからも変わらず、思いを寄せてくれる方々が、たくさんいらっしゃることも知っています。

なんというか...どこに住んでいるからなどでいがみ合うといえばいいのか...俺はそれが一番悲しかったので、どうかどうか仲良くやろうよと。そんな思いしかありません。

そして俺はこれからも、誰にも知られないところで、何かをしていきます。それが日本の男の子でしょう。

まとまりませんが、みんなで手を取り合って。人の心の温かさに、俺は感謝しています。ありがとうございます。

参考リンク:【盛岡市】「第35回岩手の鮭まつり」&「第43回岩手の海産物まつり」のご案内(12/12~13) | 純情交流ひろば | いわて食財倶楽部

テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
2015年12月10日 (木) | 編集 |


PM2.5がやってきているそうで、俺は大丈夫なんだろうかと。ようやっと少し良くなってきたところなので、迷惑な事この上ないのですが、なくなるまで、我慢するしかないなあと思っています。

曇り空の中から、お日様がのぞく盛岡。寒々しく思うのは、体なのか心なのか。昔の偉い人はみな、一様に同じことをおっしゃっています。

「不安とは、無意味な動揺に他ならない」

まさにその通り。

市役所の再建位置、16年度に決定 陸前高田市
町議会は提案持ち越し要望へ 大槌の旧庁舎解体予算
大谷「喜んでもらえるプレーを」 充実の1年振り返る
荒川静香さんらフィギュア教室 来月、盛岡で : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
賢治の願い 世界へ 花巻国際平和音楽祭 国内外ソリスト集う | Iwanichi Online 岩手日日新聞社


岩手県立博物館トピック展 東北の押し葉標本が開催されています。

日時:平成27年12月1日(火)~13日(日)9:30~16:30
場所:岩手県立博物館



岩手県立博物館は、四十四田ダムに遊びに(笑)行った時に、時々行く場所です。風光明媚な場所にありまして、この辺から見る岩手山は、とても素敵ですね。

押し葉といいますと...自分の持っているかなり古い本から、何故か押し葉が出てきたりするのですが、はて?俺はこんなロマンチックなことをしていたのか?と、笑ってしまうわけですが...。

先日新渡戸稲造生誕の地に行った際にお会いした方は、落ち葉をお持ち帰りされていましたが、きっと押し葉にするんだろうなと思っていました。自分のような人間には似合わないので、もうすることはないなあなんて、そんなことを思っていました。

今回のトピック展のチラシを見ると、押し葉標本というのは、時代や環境の変化を映し出す重要な資料とあります。確かにそうなんだろうなあと思いつつ、またひとつ、勉強しておかないとなと思った次第です。

12月13日の13:30から、館内で講演会が開かれるようです。詳しくは、チラシをご確認ください。

参考リンク:岩手県立博物館 ~岩手山を望める丘のミュージアム~

岩手県立博物館トピック展 東北の押し葉標本

テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報