釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
| Login |
2017年05月06日 (土) | 編集 |


雨降りの午後を迎えた盛岡です。外は明るくなってきましたので、お天気は回復するのかな?といった感じですね。

雨は嫌いなんですが、今日みたいな日は、全て洗い流してくれる感じがして、ちょっとだけスッキリしました。今日は予約投稿でお送りしております。

数日前のお話でなんですが、高松の池に行ってきました。もうちょっと早めに書けたら良かったんですが、物憂げな5月でありまして^^;

昨日夜の町を散歩してみたら、桜は葉桜へと変わりつつあり、今日の雨で、季節は更に進むことでしょう。

連休中はお天気に恵まれまして^^ ボートに乗って、一番いい季節の風を受けている方でいっぱいでした。そう言えば、ここでボートに乗ったことないなと(笑)

桜とボート

今年初めての、キジさんとの遭遇^^ 声はあちこちで聞いていましたが、お近くにいらっしゃるのは(笑)今年初でした。

キジさんと共に

今回初めて気づいた、あ。こんなところがあったんだという場所。

初めて気づいた場所

葉っぱのほうが目立つようになってきたかな?と思いながら、見上げるぼんぼり。

ぼんぼり

芝水園では、釣りをされている方々。その姿を見て、幸せなんだろうなあと感じていました。

芝水園

ふと見ると、そこには花筏。

花筏

そして花の絨毯。

花の絨毯

遠くからの便りで、遠くに行ってしまった人のことを知りました。長らくうまくいかないことが続いていて、重い気持ちになることも多かったので、少し堪えた便りでした。

忘れたほうがいいことと、忘れてはいけないこと。出会いや別れがあり、泣いたり笑ったりの繰り返し。昨日には戻れないけれど、あの日を思います。思えばきつい時には、ここを訪れることになるんだなと。あの時と一緒です。

一陣の風が吹き、桜吹雪が舞いました。まるで、桜の雨のよう。これはよくある、イタズラだなと思っていました。私をよく知っている人しか、知らない話。

桜の雨のような桜吹雪

理想と現実を考えながら、今も生きています。明日がかならず来るとはいえないから、今を一生懸命生きるしかないんでしょう。

言い方は悪いのですが、くだらないことに付き合ってる場合じゃないなと、意を決する一日でした。

ありがとうの一言を残して、夕暮れの街の中、家路を急ぎました。

夕暮れの高松の池と岩手山

【盛岡の桜】高松の池 花筏 花の絨毯 花吹雪。でした。それではまた、お会いしましょう^^

お花見が終わっても、いつでもベアレンビール^^




テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報