釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
| Login |
2011年03月28日 (月) | 編集 |
岩手のニュース 2011年3月28日版です。

岩手県内の避難所にいる方々の名簿
IBC岩手放送安否情報
東北関東大震災関連リンク集 岩手県立図書館
東北地方太平洋沖地震:釜石市・大槌町情報 - トップページ
東海新報紙面データ
津波てんでんこ
手を結び合い立ち上がろう/天台寺名誉住職・瀬戸内寂聴さんメッセージ
被災者無料入居なぜ半年 雇用促進住宅
地元は今…情報入らず不安 内陸避難の被災者
ガソリン配給始まる 陸前高田、2千台分
大船渡などで震度4 宮城県沿岸に津波注意報
岩手県で震度3 津波の心配はなし
【釜石】県立大生頼もしく 現地でボランティア
避難者ようやくひと息 鶯宿温泉で2週間ぶりに入浴
釜石 「きっと立ち上がる」
東日本大震災:大船渡の末崎スポーツ少年団、野球の練習再開 /岩手 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース


昨日の夜、うとうとしていたら地震。今朝は緊急地震速報。大きい地震が
あった後ですから、かなり長い間余震が起きるのでしょう。注意していきたいです。

民間の方々のボランティア活動は、本当に頭が下がる思いです。
しかし国の対応は、一体どうなっているのか。住む場所は、
何年かは保証してあげないと、復興云々は語れないのではないでしょうか。

あちこちで語られているように、国というか今の政権が何かを
してくれると考えないほうがいいと言う考えもあるのでしょう。

今回の大災害で、自分を含め日本人の全てが、否応なしに変化を
受け入れないといけないのは事実であり、先行きなんて...と
考えてしまうのは、無理もないと思います。

でも自分は、日本のそして日本人の底力を信じたい。

家の中にあるひっくり返った本の中から、玄田有史さんの
希望学の本が出てきました。釜石を対象にしたこの研究について
雑誌で読んで、本を買ったんだったなぁと、思い出しました。

昨日また読み返しました。これを読んでまた感じたことは、
「つながり」が非常に大事だということです。地域でのつながり、
近所で挨拶するぐらいの方だって、実は大きな意味を持っている
んです。

釜石はきっと立ち上がると言っている。岩手も東北も日本も、きっと
立ち上がる。自分も微力ながら、それに携わっていきたいと思います。





関連記事
テーマ:東北地方太平洋沖地震
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック