釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
2011年04月13日 (水) | 編集 |
岩手のニュース 2011年4月13日版です。
岩手県内の避難所にいる方々の名簿
IBC岩手放送安否情報
東北関東大震災関連リンク集 岩手県立図書館
東北地方太平洋沖地震:釜石市・大槌町情報 - トップページ
東海新報紙面データ
津波てんでんこ
子どもの心ケアに専門家チーム 県教委が継続支援
国・県の対応遅れ指摘 県市長会が復興院創設求める
日程通り開催へ 北東北インターハイ
全競技の開催決定 東北高校選手権
物産購入で岩手応援 東京で東芝が販売会始める
漁船を一括発注へ 漁協規模に応じ配分 岩手県漁連 (河北新報) - Yahoo!ニュース
がれき撤去や被災者受け入れ「対応遅い」 市長が国と県に不満
沿岸市町村が復興期成同盟会 民主県連に緊急要望書
職員派遣を約束 全国町村会藤原会長 « Iwanichi online 県内、県外のニュース


今朝瀬戸内寂聴さんがテレビに出ていまして、被災された方に、
頑張ろうは酷ではないかと発言されていました。私も違和感が
あったのですが、考えなしに使っていた気がします。ホント情けない...

がんばろう岩手なる宣言が出ていますが、あれは被災された方ではなく、
周りでサポートする我々ががんばろうと言うことなのだろうと、思うように
しています。

「津波」先人の警鐘生かされたか 東日本大震災

この記事を、真剣に読みました。防災を義務教育の中に入れようという
動きもあります。津波てんでんこは私の場合、学校教育ではなく、
親や祖父母から教えられたものでした。今は学校教育の一環として、
教育されているみたいですが、子どもだけでなく、大人もきちんと教育を
受けるべきだと思っています。

今日の新聞記事には、「復興に向けた取り組みに対する国、県の対応の遅さに
ついて指摘が相次いだ」とあります。誰もが思っていることでしょう。

県は国の顔色を見てから動くのでしょうか。それで遅くなるのなら、前から
言っているように、県なんて組織は必要ないと言うことになります。
市長会・町村会の動きは、かなり迅速ですから、そう見えるのかもしれませんが。

もっとも今はそんな事を言っている場合じゃないですから、トップダウンで
やるべきでしょう。県民はそれを支えていこうとしているんですから。

ところで横浜FCの岩手遠征は、2011年4月17日(日)~4月18日(月)に変更
されました。グルージャ盛岡との練習試合は、岩手県営運動公園陸上競技場で
15:00キックオフ予定とのこと。

ラジオで聞いたところでは、被災地から子供たちを招待してくれるらしい
です。暖かいニュースですね。





関連記事
テーマ:東北地方太平洋沖地震
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック