釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
2011年09月29日 (木) | 編集 |
岩手のニュース 2011年9月29日です。

YouTube岩手日報チャンネル
東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)@ウィキ
岩手県内の避難所にいる方々の名簿
IBC岩手放送安否情報
東北関東大震災関連リンク集 岩手県立図書館
東北地方太平洋沖地震:釜石市・大槌町情報 - トップページ
東海新報紙面データ
津波てんでんこ
「岩手県民の警察官・消防職団員」表彰 職務に一層努力 - MSN産経ニュース
新設堤防前提に山田町が復興計画素案 : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
増税、健康志向が影響、たばこ農家457戸廃作 : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
asahi.com:釜石港と塩釜港、海底沈下1メートル-マイタウン岩手
asahi.com:3千人から寄付6千万円 感謝のつみれ汁-マイタウン岩手
水稲作柄概況:作況指数102の「やや良」 9月15日現在 /岩手 - 毎日jp(毎日新聞)
東日本大震災:毎週、宮古に善意届け 盛岡の日野さん、古里惨状見て /岩手 - 毎日jp(毎日新聞)
東日本大震災:災害廃棄物、宮古で仮設炉の用地造成 釜石は再稼働へ /岩手 - 毎日jp(毎日新聞)
秋季高校野球県大会:花巻東、6回目V 3位決定戦、盛岡三も東北大会に /岩手 - 毎日jp(毎日新聞)



東日本大震災で、多くの方が亡くなりました。私の知っている人は
消防団でしたが、残念ながら遠いところに行ってしまいました。

明日は雨のようで、それからグッと涼しくなるそうですね。
被災地域の支援も、だんだん違う物資が必要になってきます。
この間はファンヒーターを届けました。暖冬だと予想されているよう
ですけど、当たって欲しいなと思ってますし、峠道は雪が少なければ
いいなとも思っています。

書くのをためらっていましたが、今日は書いておこうと思います。
仮設住宅に行くと、色んな人がいます。明らかに宗教関連もいて、
話す人がいない方などは、ありがたがっているのも実情です。

私がいる時は、蹴散らすこともあります。色んな経験をしてきている分、
その危うさを知っていますので...

私は毎日そこにいるわけではありませんから、私よりも信頼されているのも
事実でありまして、悩ましいところです。ボランティア団体の中にも、
北朝鮮関係の団体に巨額の支援をしているのがあります。新聞によく
出ている団体ですから、その名前を知っている人もいるでしょうし、
支援や参加した方も多いと思いますが、裏の顔を知らない人がほとんどと
言うのも、これまた事実なわけでして...

阪神大震災の後、オウム真理教の活動が活発になりました。地下鉄サリン事件は、
某国のテロとも言われていますよね。被災地の状況は深刻で、宗教関連やら
インチキボランティアが何をしでかすか、本当に心配です。

昨日盛岡の駅前で、ネットでは黒焦げ教祖と呼ばれる宗教団体の本を
配ってる年配の女性がいました。私が知らないだけかもしれませんが、
とうとう盛岡にも来たのか...そう思いました。最近は中国人も多いですよね、
盛岡。本気で盛岡離れようかな?と思ったりします。こんな事件、
記憶に新しいですよね。

[事件]青森大の中国人140人除籍 偽装留学 氷山の一角? 背景に定員割れ

増加し続ける在日中国人留学生の犯罪

震災前に、ある建築中の家に注目していました。素敵な家だなぁ...と
思っていたのですが、施工を見ると県内の業者さんみたいで、いい家
作るなぁと思っていたら、作業員は中国語で会話しているんですよね。
日本で働くビザを持っているのだろうか?まさか違法じゃないよね。
そう思ったのでした。

こんな話を書くと、いい外国人だってているよとか、宗教で人が救われたとか、
そう言ってくる人がいます。そりゃそうでしょうね。

十把一からげにはできないと思いますけど、私は宗教法人には課税したほうが
いいと思っていますし、今のように安易に外国人を流入させて、日本で働かせる
ことも反対です。日本のタブーのひとつなんでしょうけど、自由に使える金を
たくさん持って、悪さをするのは勘弁して欲しいです。

体を悪くしたこともあって、神仏にすがったことがありました。だんだん
良くなってきてから出会ったのが、中村天風さんの本でした。この中に、
こんなことが書いてあります。

神社でも寺でも、みんな人が建てている。

読んでハッとしました。神様を信じるのも勝手ですし、それぞれ事情は
あると思います。でも私は、この言葉で一皮むけたような気がしたんです。

神仏を拝むのは、心の平安を醸し出すこともあるでしょうから、人ぞれぞれが
行えばいいことで、私も信じるところがあります。しかしそれに関わっている
人間が、全て偉いわけでも人格者であるとも言えないのが、本当のところでしょう。
むしろ俗物が多いかもしれない。同級生に坊さんがいますし、後輩に神職やってる
のがいますけど、どう見ても生臭坊主だったり、心がけがなっていなかったり
しますからね。大体いい年こいて、私のような一般のサラリーマンに説教されていちゃ
ダメでしょ。

その立場だけで、人を信用してはいけませんね。岩手では援交で逮捕された坊さんも
いましたし、テレビ芸者ではスピリチュアルデブみたいな人もいましたね。
すっかり媒体では見なくなりましたが。世俗に塗れてしまえば、一皮むけば
社会経験のないアホ。そんな現実もあります。

さて、読んだ本のタイトルは、中村天風のことばだったのですが、たぶん今は売って
いないと思います。県立図書館に行けばあると思いますので、お近くで興味の
ある方は、そちらでお問い合わせください。

斎藤茂太さんも、人生80%主義を唱えていて、納得できることが多かった
です。信じ過ぎはダメ。そうなんですよね。

うまく書けませんが、日本人は本当に注意して生きていかないといけない時代に
入っている。私はそう思っています。



関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック