釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
2011年10月24日 (月) | 編集 |
岩手のニュース 2011年10月24日です。

YouTube岩手日報チャンネル
東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)@ウィキ
IBC岩手放送安否情報
東北関東大震災関連リンク集 岩手県立図書館
東北地方太平洋沖地震:釜石市・大槌町情報 - トップページ
東海新報紙面データ
津波てんでんこ
岩手で震度3 震源地は岩手県沖 - MSN産経ニュース
世界遺産・平泉 追加登録へ来月 委員会 : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
釜石SW、地元戦快勝 : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
高校ラグビー県大会 黒沢尻工3年連続V : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
asahi.com:陸前高田で合同慰霊祭「一区切り、でも…」-マイタウン岩手
asahi.com:震災の記録「残す」 県立図書館-マイタウン岩手
asahi.com:吹奏楽の演奏で金賞受賞 宮古市千徳小-マイタウン岩手
農業まつり:仮設住民ら楽しむ--山田 /岩手 - 毎日jp(毎日新聞)
山田町へ馬コと米500キロ 滝沢村大沢地区住民ら
防潮堤や高台団地、3年後までに整備 野田村復興計画



中村天風 怒らない 恐れない 悲しまない (知的生きかた文庫)
中村天風 怒らない 恐れない 悲しまない (知的生きかた文庫)

地震で起きた朝でした。すぐにラジオをつけて...アマチュア予想家の予想では
色んなことが書いてありましたので、ちょっと気になっていましてね。

ニュースを見れば元に戻ったかのような、普通のニュースを報道していますが、
そんなわけもなく。

岩手の航空機モニタリングの結果は、11月初旬に発表される予定だそうです。
岩手県のホームページに書かれているのを、見逃していました。

除染の基準については、関東の基礎自治体に比べ緩いのではないかと書かれて
いたりします。どちらにせよ、高圧水で流すだけでは、何も解決しないでしょう。
削った土も、各県で処理することになりそうですが、一体何を考えているのか。

盛岡タイムスに載っていた投稿です。

〈大震災私記〉33 田村剛一 崩れた安全神話1

これを読むまでもなく、放射性物質を海に流すなんて、とんでもねぇなと
思っていました。むつ湾に流さず、太平洋に流しているのに、むつ湾に
流したらという岩手の人を、岩手のエゴだと言う。自分勝手やわがままを
言っているのは、どっちなんだろう。滅茶苦茶やりよるのう。そう思って
いました。

海に放射能を流させない法律を制定する請願を採択していないのが、県下
では盛岡と釜石のみ。釜石生まれで盛岡で生活する私は、釈然としない
思いを持っています。

書きづらい話になりますが、原子力関連企業に知人がいます。東海村で
事故があった時に、本当にあんなことをしてたの?と聞いたことがあります。
知人の回答は、あっても不思議じゃないと言っていました。

福島原発の事故も、人災なんでしょう。民間企業に、核の管理は無理ですよ。
雇用を作ってきた。それで村は潤った。だから他のところの影響は知らんもんねと
言うのが、エゴじゃないんでしょうかね。

安全保障を考えれば、持つ持つ詐欺をしておくのがベターなんでしょう。
今回事故があったことで、東北の農産物の信頼は地に落ちて、安全保障の
もう一つの側面である、安全な国産食料の確保が、大いに揺らいでしまいました。

この間公共放送の討論番組をチラッと見たら、40代の公務員がかなり的はずれな
投稿をしていて、情けなくなりました。国産の食は、競争をするなんて生っちょろい
レベルを超えているというのに。

瀬戸内寂聴さんが法話で言っていましたし、私も震災があってちょっとしてから、
この言葉のことを思い出していました。定命(じょうみょう)という言葉です。

仏教では、生れ落ちる前に定められた寿命のことを定命と言うんですね。

自分の周りでもたくさんの人が亡くなって、悲しみの中にいました。
中村天風さんは、怒らない・恐れない・悲しまないと仰っていて、
その教えをも守れたらと思って生きていたのですが、修行が足りない私は、
残念ながら、心を惑わせていました。

過去に生死の境を彷徨い、生きていることの大切さを痛感している私は、
生きている限りは力の限り生きていかなければいけないし、もしこれから
往生することになれば、それは定められたものなんだと思うことにしています。

エゴは捨てて、真摯に生きませんか?それが長い間培ってきた、日本の人の姿
だと思いますが。嘘はいけないとは言わないが、人を不幸にする嘘は、最低だ。

関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック