釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
| Login |
2011年12月08日 (木) | 編集 |
たまに行う長距離の散歩、盛岡住吉神社~岩山登山~盛岡天満宮の
ルートを画像と共に。

YouTube岩手日報チャンネル
東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)@ウィキ
IBC岩手放送安否情報
東北関東大震災関連リンク集 岩手県立図書館
東北地方太平洋沖地震:釜石市・大槌町情報 - トップページ
東海新報紙面データ
岩手日報企画「12市町村 復興計画を見る」
岩手日報企画 「再興への道」-いわて東日本大震災 検証と提言
津波てんでんこ
釜石の2大ホテル完全復旧 「ベイシティ」も本営業
高田松原地区にメモリアル公園を 県が国に整備要望
滝沢村、県条令改正働き掛けへ 住民の70%市制賛成
冬の八幡平観光、情報発信 道の駅に総合案内所開設
asahi.com:「除夜の鐘間に合った」釜石の盛岩寺-マイタウン岩手
asahi.com:「国体開催へ」市町村に戸惑い-マイタウン岩手
asahi.com:大船渡屋台村 復興の明かり少しずつ-マイタウン岩手
東日本大震災:戦争遺構にも猛威 地盤沈下、見える範囲が半分以下に--山田 /岩手 - 毎日jp(毎日新聞)
東日本大震災:技術職、数百人規模で不足 沿岸市町村、区画整理や集団移転で /岩手 - 毎日jp(毎日新聞)
廃棄物:電池活用に期待 岩手大・県工業技術センター共同研究 /岩手 - 毎日jp(毎日新聞)



心が疲れた時や、気分転換を図りたい時に私は、長距離の散歩を
します。今回は盛岡住吉神社~岩山登山~盛岡天満宮ですが、
この後も結構歩きました。

古の哲学者には到底及びませんが、歩くことで思考を整理できるものです。
哲学の道も、歩きながら激論を交わしたりしていたんでしょうね。

ある本に書いてありましたが、街を行く際に、徒歩で行く人と、自転車で
回る人がいるそうです。盛岡は自転車派が多そうですが、私は徒歩派です。
ゆっくり歩きながら考えたり、立ち止まったり景色を見たり。

盛岡の住吉神社にやって来ました。住吉神社は海の守り神ということで、
海の側出身の私は、今までも何度となく訪れた場所です。

盛岡住吉神社前

樹齢400年のケヤキです。私は植物からパワーをいただくことにしていて、
家でも色んな植物を育てているのですが、いつもこのケヤキに触っては、
お力をいただいています。世の中の移ろいを、400年も見つめてきたケヤキ。
人間はちっぽけなもんです。

盛岡住吉神社ケヤキ

今の境内はこんな感じですが、先日ちらっとテレビ岩手の夢見るピノキオを
見たら、昔はもっと広かったそうですね。

盛岡住吉神社境内

便利な道路になっているこちらですが、この道路まで境内だったとか。

盛岡住吉神社脇道路

4号線に出て、これから岩山に登ります。月は12月。おそらく今年最後に
なるだろうなと思いつつ、歩を進めます。

続きは、続きを読むからどうぞ。


城東中学校の下まで来ました。岩山に登るルートはいくつかあるのですが、
たぶん一番ポピュラーで楽なのが、城東中学校の脇を抜けるルートだと
思います。真夏にはちまき道路方面から登って、やぶ蚊に刺されまくった
経験がありまして...途中に熊に注意!の看板もありましたから、あちらは
あまり登られないルートなのかもしれません。

盛岡市立城東中学校

釜石市立大平中学校出身の私は、山の上の中学校ということで、親しみを
持っています。雪が降れば大変でしょうけど、素晴らしい景色ですから、
大人になってからいい思い出として蘇るんじゃないかなと思います。
見えるものは、岩手山と釜石大観音や海の違いはあっても。

岩手山城東中学校脇

岩山の登り口から少し来ると、見晴らしのいい場所があります。
早くも一休み。冬だというのに、汗かきまくりです。

岩山から岩手山を望む

だいぶ登ってきて、もう一枚岩手山をパチリ。

岩山から岩手山を望む

途中に、ど根性松ならぬ、岩生松があります。オレも頑張らなきゃ。

岩山の岩生松

頂上に行く前に、休憩します。私の目的はむしろ、ここで本を読むこと。
岩山に徒歩で登るとか、外で本を読むというと、結構驚かれます。
岩山に登る方は、年配の方の散歩が多いみたいですけど、気候がいい季節なら、
かなりの方が登られています。

多くの方から、挨拶されます。自然の中にいると、人は素直になるのかも
しれません。こういうのが当たり前だと思いますが...

岩手にも放射性物質が降りましたし、盛岡も資料を見れば、その状況が
わかるわけです。枯葉もたくさんありますから、平地にいるよりも
吸い込んでいるかもしれません。

原発推進・原発反対。放射能は安全だ、いや危険だ。色々な意見がある
でしょうが、私はどちらににも与したくありません。二元論は過去を見ても、
必ず問題を起こしていますから。

普段通り生きたいし、そういう話で心を疲れさせたくないから、私はいつも
通り生きると言うか、前のようにバカみたく明るく生きていこうと思っています。
東北の田舎には珍しい人間でしょうね。

岩山休憩

頂上すぐ下の、啄木が見たのかもしれない岩手山。ふるさとの山はありがきかな。

岩山石川啄木

石川啄木さんは、何を思う。

岩山石川啄木

岩山駐車場に、職務中の車が。しかし人っ子一人いません。
珍しい光景かも。おっと後ろからパトだと、何故か身構える。

岩山駐車場

岩山頂上です。岩手山は雪かな...

岩山頂上

姫神山は相変わらずお美しい。いつか登りたいな。

岩山から望む姫神山

盛岡にUFOが不時着...などとどこかのレスラーのような妄言ではなく、
某大手建設会社関連の展望台です。

岩山展望台

展望台から見た岩手山です。姫神山の写真はぼけていましたし、
早池峰山は見えませんでした。

岩山展望台から望む岩手山

しばらくその場にいましたが、もう12月。15:00ぐらいにはもう寒くて。
しかし誰も来ない。この時期はそういうもんかもしれないと思いつつ、
山を下ります。

途中で年配の方にお会いしました。俺もああなれるかなと、一考。

その後裏を抜けて、盛岡天満宮に向かいます。もう結構暗いです。
学問の神様。私には縁のない神様か。

盛岡天満宮前

盛岡天満宮の階段から、岩手山を望みます。また違った感じがしますね。

盛岡天満宮から望む岩手山

これだけ動けるようになったことを、感謝しています。ちょっと前まで
だったら、ここまで歩けなかっただろうなぁと。

だんだん寒くなって来ました。ご自愛を。

関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック