釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
| Login |
2012年03月26日 (月) | 編集 |
第28回岩手山ろくファミリーマラソンの、参加者を募集しています。

YouTube岩手日報チャンネル
東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)@ウィキ
IBC岩手放送安否情報
東北関東大震災関連リンク集 岩手県立図書館
東北地方太平洋沖地震:釜石市・大槌町情報 - トップページ
東海新報紙面データ
岩手日報企画「12市町村 復興計画を見る」
岩手日報企画 「再興への道」-いわて東日本大震災 検証と提言
河北新報 東北再生あすへの針路
連載 3.11 その時 そして
津波てんでんこ
河北新報 東北のニュース/ILC「北上山地 地盤調査結果問題なし」 東北加速器研
河北新報 東北のニュース/宮古観光の起爆剤に 被災「道の駅」仮設店舗で復活
被災海域を理想郷に 北里大三陸キャンパスでシンポ
普代で震度3 津波の心配なし
宮古盛岡横断道路の整備始動 現地で中心くい設置式
古里釜石に洋裁工房を デザイナー川村さん計画
【陸前高田】アップルロード店が開店 マイヤ新店舗
【久慈】漁業再興へ製氷貯氷施設 市漁協で起工式
〈もりおかデジカメ散歩〉1328 「やっと咲いたマンサク」北井崎昇
釜石のラグビー少年を招待 台北で日台交流試合 - MSN産経ニュース
【東日本大震災】岩手での活動が記録映画に 米歌手バレリスさん - MSN産経ニュース
震災に負けず「歓喜の歌」 : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
降雪 7市町で停電 : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
奥州市が除染計画案公表 : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
朝日新聞デジタル:震災時の対応記録に残す 大槌高教職員-マイタウン岩手
朝日新聞デジタル:桜色のメッセージ届いた 宮古市-マイタウン岩手
朝日新聞デジタル:復興屋台村で今夜はしご酒を楽しもう-マイタウン岩手
ラグビー:女子チームのブロッサムス、奥州で発足 「岩手から代表を」 /岩手 - 毎日jp(毎日新聞)
見えない“悪魔”・シイタケ農家の苦悩:東日本大震災/3 新規参入者 /岩手 - 毎日jp(毎日新聞)



案内の前に、ちょっとオカルトめいているので、話半分に聞いてもらいたい
のですが、昨日から体に感じる地震が頻発していますね。チリでも大きな地震が
あったそうで、太平洋を渡ってくる津波がないらしいということでしたので、
ほっとしているのですが。

昨日の夜、21時過ぎから早めに床に入り、本を読んでいました。我が家は
築ウン十年の古家なので、震災以降ちょっとした揺れでも感知するのですが、
21時30分過ぎぐらいから、プルプル揺れを感じていました。時折、ハッキリわかる
揺れもあるのですが、ラジオを聴く限りでは、地震だとは言っていません。

しかし、このプルプルする揺れがあると、大きな地震が来るか、地震が頻発する
ことが多いので、ラジオを聞きながら本を読んでいたら、やはり地震がやってきました。

今日も地震がありましたし、だからどうしたという話かもしれませんが、
この間夕方にあった地震では、久しぶりに地鳴りを聞きました。

震災があってから一年が過ぎ、盛岡あたりでは何もなかったかのように
過ごしている方も多いと思いますが、備えあれば憂いなしという格言もあります。

行政は安全安心な町と言っていますが、その根拠がわからない私には、
素直に賛成できないものがあります。発災直後に避難指定されていた場所に行き
ましたが、人っ子一人いませんでしたからね。防災無線もありません。大きな災害が
発生した場合に、誰に何を聞けばいいのか、全くわからないと私は思っているのです
けども。

私がいつもこう書くのには、理由があります。自然災害は、人の油断が命取りに
なるからです。安心安全だと思い込んでいれば、人は行動しなくなります。

漁師だった爺ちゃんと、サラリーマンだった父親。二人から口が酸っぱくなるぐらい
言われたことは、

「自然をなめるな」

私は今も心に刻み込んで、生きています。

不安を煽るわけではなく、心の片隅に入れておくべきなのではないかと思って
書きました。

前置きが長くなりましたが、岩手山ろくファミリーマラソンは、
2012年5月20日に開催されます。参加には事前の申込が必要で、締切は3月30日に
なっています。私は10Kmを1時間30分では走れないなぁ...。

詳しいことは、以下のリンク先にある、開催要項ダウンロードからご確認ください。

第28回岩手山ろくファミリーマラソン出場者受付開始

第28回岩手山ろくファミリーマラソン


観光関連で色々な動きがあるようですが、なんだか納得いかない話も
かなりあります。盛岡は本当に日本なんだろうか?と思うような、
信じられない報道もあったり。ネットのニュースを見た東京のお客さんから、
また小馬鹿にする電話が早速入りました。「凄いこと考え付くね、日本じゃない
感じがするなぁ。ところでおいしいの?あの黒いの。」

それに対する私の答えは、「もう何十年も食べてませんよ。それに自分の周りの
人間は、誰も食べませんよ。一部熱狂的なファンがいるらしいですけどね。
ステマじゃないですか?」

誰が何をやっているかを知ってはいますけど、わかる人がわかればいいと
思っているので、これ以上詳しいことは書きません。しかし、イメージって大事ですよ。
私は観光で盛岡にいらっしゃる方の、生の声を聞いていますのでね。

奥歯にものが挟まったような言い方になりますが、悪さをする奴らのことは、
それなりの立場の人間にはきちんと話をしています。

潮目が変われば、こういう奴らは一掃されるでしょう。それが変わるかどうかは、
実は盛岡に住む人達一人ひとりの意識が変わるかどうかにかかっていると、私は
思っています。

関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック