釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
2012年05月23日 (水) | 編集 |
盛岡櫻山神社例大祭のご案内です。

YouTube岩手日報チャンネル
東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)@ウィキ
IBC岩手放送安否情報
東北関東大震災関連リンク集 岩手県立図書館
東北地方太平洋沖地震:釜石市・大槌町情報 - トップページ
東海新報紙面データ
岩手日報企画「12市町村 復興計画を見る」
岩手日報企画 「再興への道」-いわて東日本大震災 検証と提言
河北新報 東北再生あすへの針路
連載 3.11 その時 そして
東海新報コラム 世迷言
津波てんでんこ
河北新報 東北のニュース/盛岡市工事汚職公判 上司の供述調書証拠採用
河北新報 東北のニュース/新日鉄社長「統合後も釜石存続」 高級線材の生産拠点に
河北新報 東北のニュース/一関市、学校除染開始 国承認遅れにしびれ切らす
FDAが9月から地上業務 花巻空港・名古屋線
元上司「水増し黙認、決裁」 盛岡市工事詐欺公判
復興事業の遅れ不安 県の漁港工事入札価格ミス
東北六魂祭 地元盛り上がりいまひとつ 詳細情報の少なさ一因?
六魂祭20万人見込み…県警の警備は最大級態勢 : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
沿岸12市町村に寄付62億円…最多は釜石 : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
朝日新聞デジタル:宮古釜石直行バス 停留所増で集客へ-マイタウン岩手
朝日新聞デジタル:ウニ放流2年ぶり再開 洋野町-マイタウン岩手
体験教室:田んぼの中でどろんこ体験−−山田・豊間根小 /岩手- 毎日jp(毎日新聞)
災害警備は終わらない:東日本大震災の教訓/3 避難誘導と人命救助 沿岸3署で11人犠牲に /岩手- 毎日jp(毎日新聞)
陸前高田市議会議会報告会 放射能問題などで議論 東海新報
「観光ガイド・震災語りべ」申込件数増加 5月は100件 東海新報



東北六魂祭が5月26日と27日に開かれますが、櫻山神社の例大祭が
それに重なります。5月25日~27日の3日間行われますね。

私は厄払いを櫻山神社で行いました。盛岡に来た頃からよく訪れていて、
好きな場所でもあります。

祭事が色々行われるわけですが、25日は由緒祭、26日は例祭、27日は
報賽祭になります。報賽祭って変換できないんですね。26日と27日は
混雑するんでしょうかねぇ...

25日の13:00からの御神輿渡御・武者行列と、16:00からの山田町八幡宮
八幡大神楽、26日の13:00からの早池峰嶽流石鳩岡神楽、27日の10:00と
13:00に予定されている、大槌虎舞が楽しみです。

25日の15:30からは、お神酒を参列者に拝載するみたいですので、
行ける方は是非。

詳しくは櫻山神社のホームページでご確認ください。



日頃の付き合いを考えると、実は盛岡に住んでいない人との
付き合いの方が多いんです。仕事で考えると、東京の人との
付き合いがかなり密接なんですが、出張だったり転勤だったりで
盛岡に来る人に必ず言われるのが、

「どうして公務員や銀行員があんなに偉そうなんだ?」

みんながみんなそうではないと思いますが、他のところから来る人から
見れば、かなり異常に思えるようです。

選民意識が働いているのかもしれませんが、恐らくそう遠くない将来に、
今の枠組みは大きく否定されることになると思っています。

今は国家公務員が諸悪の根源みたいなことを言われていますが、私は
むしろ地方公務員や独立行政法人の人間がシロアリだと思いますね。
これは自分の経験上、そう思わざるをえないのです。

もちろん警察官だったり消防官だったり、現業に携わる方々には、
本当に頭が下がる思いです。ですから前にも書いたように、こういう
人たちの身分は、国家公務員が適当だと思うんですね。

参考:廃県置藩

盛岡市の工事詐欺事件は、上司が水増しを黙認していたそうです。
組織的に行われたとは判断されないのでしょうが、遵法精神のかけらも
ない者が公務員をやっているという事実は、相当重いものです。

自分の金じゃないからいいやとか、他に影響が出るから続けるしかない。
なんだかどっかのカメラ屋と同じ話になっていますね。

岩手県の漁港工事入札価格の算定ミスも、複数の場所でミスを見逃していて
起こっているようですが、きっと誰も責任を取らないでしょうし、また同じ
ミスを繰り返す可能性を秘めています。

公を名乗る者や、法を司る者は今後、民間で修行してからでないとその
職に就けないようにしないといけなくなるかもしれませんね。額に汗し、
どれだけ苦労して生きているのかを知らないと、これからもこんなことは
何度も繰り返されるでしょうからね。

震災の後に自画自賛だったり、提灯記事や礼賛本を見たりしました。
お得意のプロパガンダだと思いましたし、責任の所在を曖昧にするやり方は
不幸しか産まないのを再確認したんです、私は。

中から変われないものは、外からぶっ壊すしかないわけです。
もし道州制が実行されたら、私は変われなかったと判断するでしょうね。
そして廃県置藩のような改革になるのであれば、変わる努力はしたんだと
判断するでしょう。

バッサリ分けられるものではありませんが、これからの世の中を見る意味で、
必要な視点ではないでしょうかね。

関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック