釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
| Login |
2012年06月06日 (水) | 編集 |
くずまきワインつつじまつり、平庭闘牛つつじ場所が開催されます。

YouTube岩手日報チャンネル
東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)@ウィキ
IBC岩手放送安否情報
東北関東大震災関連リンク集 岩手県立図書館
東北地方太平洋沖地震:釜石市・大槌町情報 - トップページ
東海新報紙面データ
岩手日報企画「12市町村 復興計画を見る」
岩手日報企画 「再興への道」-いわて東日本大震災 検証と提言
河北新報 東北再生あすへの針路
連載 3.11 その時 そして
東海新報コラム 世迷言
津波てんでんこ
河北新報 東北のニュース/まちづくり会社設立へ 民間と連携産業を振興
遠野かっぱロードもうすぐ完成 「工事隊」がPR
落札業者に清算求める文書 復旧工事入札ミスで県
今年最高、花巻で29・6度 5日の県内気温
〈もりおかデジカメ散歩〉1375 「チューリップは花ざかり」
釜石の仮設入居者退去も…契約延長交渉難航 : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
盛岡市汚職で全庁調査…情報漏えいや金品受領 : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
釜石市、住基データを北九州市でも保管 : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
朝日新聞デジタル:内陸の避難者一歩づつ-マイタウン岩手
朝日新聞デジタル:盛岡女子高共学に 来春から盛岡誠桜に改名-マイタウン岩手



くずまきワインつつじまつりは、6月9日(土)と10日(日)の
9:00~16:00の間、くずまきワイン工場・森のこだま館・森の館ウッディで
開かれます。

無料イベントは、羊の草刈り体験・牛の乳搾り体験・ちびっこ宝探し・
ポニー乗馬・馬車コーナー・ふわふわトランポリンになります。

有料になりますが、くずまき高原牛・ジンギスカンセットや、
くずまき高原牛の丸焼きコーナー、石窯ピザ・パイシューなども
おいしそうですね。

屋外ステージでは、三浦わたるさんや秋元清さん・絢子さんのご夫婦デュオ
など、楽しいステージが予定されています。9日はIBCラジオの、
大塚富夫のタウンの放送もありますね。

個人的にはワイン工場の見学と、塩の道トレッキング、つつじまつり
塩の道ウォークに興味がありますね。

6月10日には、平庭闘牛大会つつじ場所が開かれます。東北唯一の
闘牛大会として知られていますね。

時間は11:00からで、平庭高原闘牛場で行われます。小学生以下は
無料ですが、前売り800円・当日券は1,000円です。



今日の時事ゐ放談です。

先日遠い場所に住む方から、とても温かい言葉をいただきました。
きちんと見てくれている人もいるんだなぁと、日焼けで真っ黒に
なった自分の顔を鏡で見て、少しだけ微笑んでいました。本当に
ありがたいことです。

新聞の記事で触れられていたことは、私も言われたことがありますし、
相変わらず心ない奴もいるんだなと思いました。まともに反応するのも
アレですが、書いておきます。

沿岸の人間が内陸の人間と比べて荒っぽいのは事実でしょう。私もそう
でしょうね。浜ドコで魚を相手にしていれば、時間が勝負です。ノタノタ
していたら、魚が腐っちまうんですよ。釜石ラーメンが頼んでものの
数分で食べられるのも、それが理由なんでしょう。

震災直後にアピオで泥棒している奴がいたり、ガソリンスタンドや
スーパーに並んでいた長蛇の列。自分のことしか考えてない証左だと
思いますが、私にはこれらの行為の方が「荒っぽい」と思いますけどね。
100Kmぐらいしか離れていない場所で、生きるか死ぬかの状況にある人が
いた時に、そんなことができるのだから。

支援物資を売ってるなんて話も、一体どこから出てきたものか...
そんな状況じゃありませんでしたよ。現地に行ってないから、
そんな言葉が吐けるんでしょう。

私がたまたま話した婆さんに言われたのは、魚のお腹から、髪の毛が
たくさん出てきたんだってねって話でした。また田舎のクソババアが
ろくでもないことを言ってるなと思いましたが、バカは相手にしない
主義なので、聞き流していました。

ほかにも復興の狼煙のポスターを見て、な~にぃ~この格好!って
言いながら、馬鹿笑いしている女たちもいたな...若い頃なら、
おだずなよ、このガギ!って言ってただろうなぁ...荒っぽい?
そうですよ。人の気持ちがわからないような奴は、徹底的にやるのが
俺の主義だし、荒っぽくもなりますわ。今は随分おとなしくなりました
けどね。

たぶんそれでも、沿岸の多くの人は怒りませんよ。怒れば思う壺だと思って
いるし、同じ岩手の人として悲しいと思ってるだろうし、それよりも
大事なこと、しなければいけないことをよくわかって生きている人が
多いから。

地震が相次いで、停電や建造物への被害はありましたが、犠牲になった
人もいるわけではない地方では、震災は人ごとなんだと思います。
もちろんこんなくだらないことに終始しているのは、一部の馬鹿野郎だと
信じたいですけどね。

ちゃんとした人もいるし、優しい人が多くいるのも知っています。
私は震災以降、バカの相手をしている暇はなくなっていますが、被災して
心身ともに傷んでいる人に向かって、よくもまぁ心ないそしてくだらない
言葉を吐けるもんだと、呆れ返っています。

因果応報とはよく言ったものです。あまりにくだらない言葉を吐いて
いれば、必ずその報いがあるでしょうね。そういうことに気付かないから、
「馬鹿」だと言うのです。少し想像力を働かせれば、間違っていることに
気付くと思うのですが、それを期待することこそ、それも「馬鹿」なんだと、
この頃は思うようにしています。

俺は俺のできることを、自分の大切な人たちのためにやっていく。
またそう思った、新聞の記事でした。

関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック