釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
| Login |
2012年07月11日 (水) | 編集 |
パイプオルガンプロムナード・コンサートが開催されます。

YouTube岩手日報チャンネル
東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)@ウィキ
IBC岩手放送 絆いわて~ふるさとは負けない!
岩手県立図書館 東日本大震災情報ポータル
東海新報紙面データ
岩手日報 <特集>3.11東日本大震災 ~立ち上がろう岩手~
岩手日報企画「12市町村 復興計画を見る」
岩手日報企画 「再興への道」-いわて東日本大震災 検証と提言
河北新報 東北再生あすへの針路
連載 3.11 その時 そして
東海新報コラム 世迷言
津波てんでんこ
第94回高校野球岩手県大会
河北新報 東北のニュース/関西大、IT起業支援事業へ 岩手・大槌町と連携協定を締結
河北新報 東北のニュース/「鎮魂の森整備+観光船復元」 大槌町が寄付金募集スタート
河北新報 東北のニュース/達増知事、小沢氏支援鮮明「新党は私の子ども」野党は反発
震災1年4カ月、懸命の捜索 本県不明者なお1200人
八戸市長と洋野町長も反対 軽米の産廃処分場計画
ILC誘致へ将来ビジョン 東北研究会、推進協移行
汚染土砂の仮置き場どこに 奥州で検討会スタート
ツイッターで住民の個人情報 二戸市職員が投稿
岩手のスポーツ 五輪での健闘、母校に誓う ホッケー女子の田中
岩手のスポーツ 国体の募金目標5億円 本県開催で推進委
プラスチックをくっつきにくく 県工技センターと東亜電化 金型にナノ薄膜技術 盛岡タイムス Web News
集団移転大臣同意2%…本紙アンケ : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
知事らきょう離党届…県議10人も : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
花巻東コールド発進 : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
朝日新聞デジタル:小沢王国分裂 議会亀裂、浮き彫りに-マイタウン岩手
キタミズクラゲ:大量発生、漁被害 定置網、重さで沈み−−山田 /岩手- 毎日jp(毎日新聞)



日時:2012年7月12日(木)19:00~19:30(開場18:20)
場所:盛岡市民文化ホール小ホール
※入場無料 先着350人 全席自由

59回めを迎えるそうですね。ここのパイプオルガンは生で聞いたことが
ないので、いつかは聞いてみたいなと思っています。時間的に行けそうも
ないので、今回も諦めですが...

演奏は新宿文化センター専属オルガニストの、高橋博子さんです。
素晴らしいプロフィールの方ですね。やっぱり見に行きたいなぁ...





今日の時事ゐ放談です。

政局だとかで、岩手に大きな注目が集まっているようですね。
いい意味で捉えられていないと思いますが...

今回のことの裏では、多くの密約があると思います。そして
それはその時々の状況で、都合のいいように変わっていく。
終着点は選挙後。それを睨んで駆け引きがあるのでしょう。

あっち陣営だこっち陣営だと揉める人達がいて、それをニヤニヤ
しながら見ている人達。下っ端になればなるほど、話を大きくするだけの
要員であって、何も知らされていないわけですから、哀れに思います。

金持ちを優遇する政策をとっている某野党の支持者。ちょっと知っている
人は、公の席で与党を批判しています。与党と言うよりは、あの人をと
言ったほうが正しいんでしょうね。

労働組合や外国人を優遇するあの政党は、自分たちが正しいと言いつつ、
先延ばしを図っています。そして、現在の状況を反省するでもなく、
過去の政策が悪いとナントカガーと言うばかり。

そして出ていった人達は、政治屋ですね。選挙のことしか考えていない。
それは概ねどこも一緒かもしれませんが...

私のような一般庶民からすれば、慎ましくでもいいから人間らしく
暮らしたいと言うのが本音です。しかしどこの政党を見ても、
政治家を見ても、腐臭が漂ってくるばかりです。

現在下っ端は喧嘩上等で動いていますけど、私が見てきた政治家の姿から
考えるに、上の方では話し合いが済んでいますよ、たぶん。梯子を外される
事態になることも、考えられると思いますね。

選挙が始まる前か、選挙後かはわかりませんが、金持ちを優遇する政策を
とっている某野党と、出ていった人達は野合する。私はそう考えています。

田舎の支持者や、下っ端は大恥かくことになるでしょうし、ついていけないと
思うかもしれません。しかしこれが、人を踏み台にしても自分がのし上がる
政治の世界ということです。

私はいつも思っていますが、何を言ってるかではなく、なにをやっているかで
人を見ています。その視点で政治家を見ていない人は、盲目的に特定の政党を
支持してしまうんだと思いますね。田舎に数多くいる馬鹿者ということでしょう。

もっともその時の状況で、うまく立ちまわるのが政治家です。何がどう動くか、
わからないのも事実です。今言えることは、

「与党の一人として存在し、お金を自由に使って、影響力を行使したい」

そう考えている年寄り連中が蠢いているということでしょう。

一寸先は闇。今はそういう時なんでしょうね。しかしこのままでは、誰にも
投票できませんね...

関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック