釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
| Login |
2012年09月24日 (月) | 編集 |
一気に涼しくなりましたね。秋に生まれた私にとって、一番
好きな季節なのですが、なんとなくもの悲しくなる季節でも
あります。

あさってからまた、夏日が続くようです。朝晩はめっきり涼しく
なりましたが、この時期に夏日が続くのは、記憶にないなぁ...

それでも夏は行き、秋冬とやってきます。今年は雪が多いんだろうか。
車にもガタが来ているし、山越えを考えると、雪はそれなりであって
くれたらと、勝手なお願い。

YouTube岩手日報チャンネル
東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)@ウィキ
IBC岩手放送 絆いわて~ふるさとは負けない!
岩手県立図書館 東日本大震災情報ポータル
東海新報紙面データ
岩手日報 <特集>3.11東日本大震災 ~立ち上がろう岩手~
岩手日報企画「12市町村 復興計画を見る」
岩手日報企画 「再興への道」-いわて東日本大震災 検証と提言
河北新報 東北再生あすへの針路
連載 3.11 その時 そして
東海新報コラム 世迷言
津波てんでんこ
河北新報 東北のニュース/復興へスポーツの力 ラグビーV7戦士対決
河北新報 東北のニュース/住居確保、半数見通せず 岩手・仮設入居者アンケート
本県初の脳死判定 20代男性、5臓器提供
高田松原の防潮堤25日着工 高さ12・5メートル
不安募る仮設商店街・・・宮古・たろちゃんハウス1年 : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
朝日新聞デジタル:旧市街地歩き別れを惜しむ 大槌町-マイタウン岩手
がんばれ釜石SW:ラグビー 横河武蔵野に22−18で勝利 /岩手- 毎日jp(毎日新聞)
宮古を元気に!-「復興むすめ」誕生、被災乗り越え市内観光などPRへ - 三陸経済新聞
東京タワー「大船渡サンマまつり」に1万人-予定超える4600尾無料配布 - 三陸経済新聞



岩手県公会堂。歴史のある建物ですね。盛岡に来たばかりの
ウン十年前、休みはいつもひとりきりだったので、散歩に
出かけては、よく眺めていました。

その岩手県公会堂で、文化祭が開催されます。ここで習い事の
教室が開かれているそうで、絵画や書道、木目込み人形、繭工芸
などの作品合同展示会や、クラシックギターや大正琴の演奏会、
子ども達によるそろばん大会を開催するとのことです。

来場者向けのイベントとしては、編み物やパッチワーク、ちぎり絵、
オーナメントの作品制作体験コーナーがあります。

経木でつくる松ぼっくりフラワーは、Waのまちもりおか「絆の輪」
プロジェクトで、リースに使うそうです。お子さんと一生に参加
されると、いい思い出になりそうですね。

詳しくはPDFをご覧ください。



週末はたくさんのイベントがあって、それを紹介したかったのですが、
公私共に忙しく、これからもそんな状態が続きそうです。

週末は「先生」をしていました。先生なんて呼ばれ方は一生ないと
思っていましたが、昔からの友達は面白がって、先生!を連呼します。

何をしていたかと言いますと、中学生は中間テストの時期だそうで、
是非勉強を教えて欲しいということで...

「俺が勉強教えんの?おだずなって。中学卒業してから、何年たづと
思ってんのよ。」

「いや、おめは勉強でぎだ。今でもだいじょぶだ。おめに勉強教えて
もらって、中学も卒業して、高校も行った。今までいろいろ見できた
けど、おめ以上教え方がうまい先生はいながった。なんでおめは
学校の先生にならながったの?」

こいつは当時の俺が、学校や先生に失望していたことを知らないん
だよな...荒れた学校で、先生が先生であることを放棄していた学校
だったの、気付いてなかったんだろうなぁ。

悪さをする集団をなだめたり、みんなで一緒にやっていこうと考えて
動いていたのは、生徒の一部だったんだからな...

結局すったもんだの末、何の準備もなく、中学生に教えることに
なりまして...

教えたのは勉強の仕方と、ノートの作り方。それと数学と理科を集中的に。
詳しいことは企業秘密(笑)なので、ここには書きません。

普段の国語社会英語の勉強のポイントも、一応話してきました。
毎日少しでも読書できる環境を、なんとか整えてあげたいものです。

「またお願いします!」と言われて、ウルッと来てしまいました。
これからの町を作っていく若い力のために、少しでも役に立てたのなら、
おっさんは嬉しいな...

話はぶっ飛びますが、西の似非右翼が言っている教育の重要性と、私が
言っている教育の重要性は全く逆の発想です。私は本当のエリート教育は
必要だと思っていますが、ある一定以上の者だけ吸い上げ、それ以外は
捨て去るるやり方には、到底賛成できません。

前も書きましたが、少子化で人口は確実に減ります。当然底上げが必要に
なってきます。努力して出来ないのはしょうがないかもしれませんが、
その前段階でふるい落とそうとするのは、何か特殊な思想が介在するから
だとしか思えませんね。

更に言えば、秋田県では学業優秀な生徒が多く、岩手ではなかなか育たない
現実は、それが全てではないにせよ、教員の質が低いから起こっていると、
私は考えています。

教員の質を上げるのは急務です。教員を志す優秀な学生さんを、今は
首都圏の学校に取られていますね。人が少ないからしょうがないという
側面はありますが、この世界にこそ、私は競争が重要だと考えています。
ある一定程度以上、きちんと教えられない教師は、なんとかしないと
いけないでしょうね。

エロ教師や飲酒運転教師も跡を絶ちません。ストレス溜まる仕事なのは
わかりますが、たくさん給料もらって年金もたっぷり。先生と崇められ、
定年後も引く手あまたなんだから、自覚を持って聖職者を生きてほしい
ものです。

政治の世界では代表選が終わり、総裁選も間もなく終わります。
きっとまた、政権交代が起きるでしょう。前に政権交代が起きた時、
組合はそこに付いて行きました。

次の政権交代で、また組合を大票田だというような政策を取っていく
のであれば、また下野することになるでしょう。

ジミンガーミンシュガーカンリョウガーと言いますが、悪いのは
組織票を持つ勢力で、そういう状況を許している我々有権者なのだと
思います。

我々の仲間は小さなレベルですが、これからはまとまって行動することに
しています。小さな積み重ねから、少しずつ変えていくしかありません。

救世主が現れ、全てを解決してくれるなんてあり得ません。なんでも
そうですが、コツコツやっていくしかないですね。まとまりませんが...

関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック