釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
| Login |
2013年09月11日 (水) | 編集 |
昨日とは打って変わって、ひんやりした風が吹く盛岡です。

ニュースで宮古にサンマが揚がったことを聞き、ようやっとかと
いう思いが。関係者の方々は、やきもきしていたことでしょう。

そのうち頼んでいるサンマが届くでしょうから、今年は
サンマご飯を作ってみようかなと思っているところです。


YouTube岩手日報チャンネル
東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)@ウィキ
IBC岩手放送 いわて希望の一歩
岩手県立図書館 東日本大震災情報ポータル
東海新報紙面データ
岩手日報 <特集>3.11東日本大震災 ~立ち上がろう岩手~
岩手日報企画「12市町村 復興計画を見る」
岩手日報企画 「再興への道」-いわて東日本大震災 検証と提言
河北新報 東北再生あすへの針路
連載 3.11 その時 そして
東海新報コラム 世迷言
河北新報 東北のニュース/秋、やっと 例年より3週間遅れ 宮古・サンマ初水揚げ
河北新報 東北のニュース/岩手・気仙地域に大学を 地元経済人らが招致委設立
震災2年半、公営住宅整備に遅れ 復興の足取り重く
被災3県10万4000人減 止まらぬ人口流出
イーハトーブ賞に片田教授 賢治賞に冨田勲さん : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
朝日新聞デジタル:がれき処理 進捗62% 県が報告書 - 岩手 - 地域
震災2年半、希望と不安交錯 〝気仙の顔〟中心市街地再生の行方は Web東海新報

酒飲みなもんですから、なんでも飲むのですが、ここ一番の酒は
浜千鳥です。もちろん大吟醸ですね。

東京の友達のところに泊まりに行く時は、おみやげがこれなんですけど、
おーよく来たなあと言いながら、受け取った浜千鳥大吟醸は、
いつも冷蔵庫の中に。代わりに出てくるのは、某メーカーのビール。
浜千鳥大吟醸は、大事に大事に飲むみたいです。一緒に飲むって
選択肢はないの?と聞くと、いやあといいながら微笑んでいます。

さて、その浜千鳥さんですが、いつも色々なイベントをしているよう
ですね。今回は三連発でご案内です。

平成25年度酒造り体験塾 稲刈り体験会

日時:平成25年9月29日(日)
場所:大槌町 佐々木さんの田んぼ

参加料は大人が400円、子供が200円で、参加賞として大人にはお酒180ml1本、
子供にはジュース1本が。

締切は9/24なそうですが、定員に達しているかもしれません。
詳しくはリンク先でご確認ください。


「秋の浜千鳥を楽しむ会in東京」

日時:平成25年10月2日(水)
場所:東京医科歯科大学 歯科棟南B2F

東京で、浜千鳥を楽しもうというイベントですね。
こちらも定員がありますので、ご確認ください。


浜千鳥 きき酒道大会

日時:平成25年10月9日(水)
場所:ホテルサンルート釜石
会費:3,000円

私は次の週に行く予定にしているので、残念ながら参加できないのですが、
きき酒や立食パーティーが予定されています。こちらも詳しくは、
リンク先をご確認ください。

きき酒は団体戦で、申し込みは10/4までになっています。
5人揃えて、是非参加して欲しいですね。

参加できない方は、浜千鳥蔵元直送便で頼んでみると、
幸せな時間を過ごせると思いますよ。是非どうぞ。

関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック