釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
2014年03月11日 (火) | 編集 |
超多忙な状態が続いており、ブログの更新がままならない状態です。
明日ぐらいで落ち着きそうなので、また少しずつ復活させていこうと
思っております。子供から、おおふなトンにツイートしてくれと頼まれて
いたままだし。


YouTube岩手日報チャンネル
東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)@ウィキ
IBC岩手放送 いわて希望の一歩
岩手県立図書館 東日本大震災情報ポータル
東海新報紙面データ
岩手日報 <特集>3.11東日本大震災 ~立ち上がろう岩手~
岩手日報企画「12市町村 復興計画を見る」
岩手日報企画 「再興への道」-いわて東日本大震災 検証と提言
河北新報 東北再生あすへの針路
連載 3.11 その時 そして
東海新報コラム 世迷言


多くの人が考えるように、俺もあの時のことを思い出しています。
そして、一週間後にある方面からの依頼でわが町に行った時のこと...

あれから、俺は朝起きると、家の東側の部屋に行って、毎日祈っています。
安らかにと願うのと同時に、今を生きている方々を守ってねと。

前からそうだったけれど、俺は十年後の自分を考えながら、逆算して
五年三年一年と、何ができて何ができないかを考えています。

それを毎年の年始に棚卸しして、修正を施します。俺が考えている未来に
近づけているかどうかは、今のところはわかりません。しかし俺みたいな
オッサンでも、夢を見ようと思っています。

俺が願うものは、三陸沿岸の方々、岩手東北日本のみんなが、きっと
笑えるようになってほしいということです。

それにほんのちょっとでも近づけるように、俺は働き続けます。
一生現役は無理かもしれないけれど、それに近づけるように、
若い方々の邪魔はしないように。

今年は何かしら、形になってくれればと。うまく進んだら、それを仕事に
していくことになるでしょうね。そうすれば、少しでも笑える人が出てくる
かもしれないから、頑張らないと...

関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック