釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
| Login |
2015年05月20日 (水) | 編集 |
時間があったので、更新してみました。


ろうそく囲み昔話の夜 遠野でイベント | 河北新報オンラインニュース
大迫のブドウ守るボランティア募集 花巻市「力貸して」
釜石で移住者交流イベント開催へ 移住後のつながり「さらに育てて」 - 三陸経済新聞
具材に「思いやり」ぎゅっ!! 花農生考案の「さけ焼売」 | Iwanichi Online 岩手日日新聞社
「ケロ平」みんなの人気者 保育園など訪問 金ケ崎 | Iwanichi Online 岩手日日新聞社


気温の分布を見ると、西日本よりも高い場所が岩手には
あったりして。ここ何年ぐらいでしょうね、5月に暑いと
感じるようになったのは。

自然の営みは、人間には予想もできないものです。長い
歴史を振り返ってみれば、寒い時期も暑い時期もあって。
北の遺跡から出土されるものに、南の生き物があったり
するわけで、気候も国土の環境も、長い時間を経て
変わってきたんですね。

人間が生きている短い時間を摘んで、暑いだの寒いだの、
温暖化がどうしたと言っても、詮無いことです。

今を大事に。文句を言っても一生、笑って生きても一生。
俺はそう思います。

今日も前置きが長くなりました。が、企画展のご案内です。
春の企画展「旅の枝折 ~みちのく観光のみちしるべ~」が
開催されています。

日時:2015年6月15日(月)まで 9:00~19:00
場所:もりおか歴史文化館

観覧料は一般300円、高校生200円、小・中学生100円で、
無料になる条件がありますね。ホームページでご確認を。

光を観るから観光。盛岡の光とは、なんでしょうね。
俺が盛岡に住み始めた数十年前、ここに越してきたのは
5月のことでした。一番いい季節に越してきて思ったのは、
ゆるやかに時間が流れているなあということでしたね。

時代は変わり、気ぜわしさだけが残るようになりましたが、
それでも自然の姿は大きく変わっているわけではないと
思います。

あの日の空を、今も覚えています。変わらぬ青空と、
濃い緑が町を彩っています。

展覧会-展覧会一覧-企画展示室 展覧会情報 | もりおか歴史文化館



関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報