釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
| Login |
2015年11月18日 (水) | 編集 |


しばらく更新していませんでした。なかなかに多忙だったりしますが、本も少しだけ読んだり。

世で言う読書家などではないのですが、ぼちぼち読んだりする方ではありますので、これからネタ切れ(笑)した時は、読んだ本のことでも書いていこうかなと思っています。

そういう考えは持ってないとか、自分は大丈夫だという方には、おすすめできるような本ではありませんで、俺のようにヘタレですぐヘニャっとなるような方なら、きっと力強い存在になると思われるのが、ジェリー・ミンチントンの、うまくいっている人の考え方です。

氏は米国の著述家で、自尊心に関する研究を行っている方です。人間関係や自信の度合い、職業の選択、幸福、心の平和、成功。これはすべて、自尊心に密着な関係があると書かれています。

様々な経験を経ていくと、いろいろな問題が、人生には襲いかかるものなのかもしれません。病気や人の死、お金や人間関係。避けられるものなら、誰でも避けたいものですが、そうじゃないケースもあります。

自分の周りを見ていると、座右の銘が「適当」なんて人もいます(笑)しかしこれも、自分の身を守るやり方だなと、随分前から思うようになりました。最近では、そのほうが生きやすいなとも感じます。

他人の気持ちを変えることはできませんが、自分の考えを変えられるのは真実ではないでしょうか。自分に対する考え方を修正して、間違った思い込みを捨て去る。

自分もそうでしたが、凝り固まったものは、ゆっくりほぐしていかなければいけないですね。ゆっくり自然に。

遠くに住むお友達のために、もう一冊買いました。いい本だと思いますから、 いつ会えるかわかりませんが、その時に渡したいと思っています。

うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)
うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)

どうやら、手帳もあるらしいです。

うまくいっている人の手帳2016
うまくいっている人の手帳2016

関連記事
テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可