釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
| Login |
2015年12月12日 (土) | 編集 |


昨日は夕方ぐらいまで、まさに嵐といった表現がピッタリの天気でした。今朝はハクチョウさんの鳴き声で目覚めました。子供は優雅だねえなどと、すっとぼけたことを言ってましたが、でもそうだよなあと。

嵐の後には、晴れ間がやってくる。人の道も、そうかもしれません。年齢や状況など、人によって、いろんなことがあるでしょう。しかし焦らずに。自分に言い聞かせる、言葉でもあります。自分に関わる方々には、ありがとうと。プラスの言葉や考え方をしていたほうが、健康的です。

本日のBGMは何故か、こちら。オイララテン系(笑)

Very Best of the Gipsy Kings
Very Best of the Gipsy Kings

<センバツ>21世紀枠 釜石が候補 | 河北新報オンラインニュース
釜石、21世紀枠候補9校に選出 来春センバツ東北代表
乗客10人けが、運転再開めど立たず 山田線列車脱線
釜石SW、TC1進出狙う あす13日、TC2九電戦
【ろっけんグルメ】まんぷく食堂(岩手県釜石市) 三陸の食材の味生かす - 産経ニュース
盛岡・開運橋交通規制解除間もなく 22日からはライトアップも - 盛岡経済新聞
【企業がつなぐチカラ①】復興現場のリーダーから学べ 新たなビジネスのヒント | 東北復興新聞


第35回岩手の鮭まつり、第43回岩手の海産物まつり開催中です!

日時:平成27年12月12日(土)10:00~16:00、平成27年12月13日(日)10:00~15:00
場所:もりおか歴史文化館前広場



今朝ぼんやりしながら、珍しくローカル番組を見ていたら、中継をやっておりました。今年は鮭が不漁と聞いていますが、それ以外の海の幸も、たくさん売っているようでした。

あれ以来、いろいろなところで、様々なお話を聞きます。盛岡で話すと、「自分は何をしたらいいかわからないから、何をして欲しいか、教えて」という声です。

人は生まれ育ってきた環境で、一人ひとりが違う人間になります。ですから、考え方も変わってくるものですね。誤解を恐れず言いますが、それぞれがその立場になったら、心から望んで何をしていけるか。非常に難しいと思います。

しかし、何ができるのか?の解は、「できること」になるんだと思うんですね。今回のようなイベントに行って、お買い物をしてみる。時間もお金もある方は、その地を訪れて、地元の人と触れ合ったり、そこにお金を落としていったり。

あれから、様々ないんちき臭い団体が雨後の竹の子のように生まれては、消えていったり、消えつつありますが、俺は最初から信用していませんでした。売名だったり、単に自分の飯が食いたいためだけだろう?と思っていましたので。

確かに個人でできることは自分もそうですが、限界があります。しかし、今もこれからも変わらず、思いを寄せてくれる方々が、たくさんいらっしゃることも知っています。

なんというか...どこに住んでいるからなどでいがみ合うといえばいいのか...俺はそれが一番悲しかったので、どうかどうか仲良くやろうよと。そんな思いしかありません。

そして俺はこれからも、誰にも知られないところで、何かをしていきます。それが日本の男の子でしょう。

まとまりませんが、みんなで手を取り合って。人の心の温かさに、俺は感謝しています。ありがとうございます。

参考リンク:【盛岡市】「第35回岩手の鮭まつり」&「第43回岩手の海産物まつり」のご案内(12/12~13) | 純情交流ひろば | いわて食財倶楽部

関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報