釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
| Login |
2016年03月09日 (水) | 編集 |


今日の日食はどんな感じなのかと外を見ると、お日様はなんとか見える状態のようです。私の住む盛岡を始めとして、あちこちで観察会が開かれていることでしょう。

幼いころに学んだものは、三つ子の魂百までなのでしょうね。小さい時に興味があったことや、面白いと思って取り組んできたことは、一生の宝になるような気がします。自分の場合は、その時々で親しんできたものを、いくつかどこかに忘れてきてはいますが、それでも残っているものがあります。

人生は学びの連続なのでしょう。これからもきっと興味をもつことが、また出てくるのではないかなと思っています。年齢関係なく、学ぶ姿勢は忘れたくないですね。

「いわて南部地粉そば」独自技術で風味長持ち | 河北新報オンラインニュース
県、ベトナムで初の商談会 11日、輸出拡大狙う
グルージャ・神川新監督の手腕に注目 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


「みちのくの仏像」岩手県巡回展が開催されています。

日時:2016年3月1日(火)から2016年3月13日(日)まで 9時から17時まで(最終日は15時まで、3月7日は休館)
場所:盛岡市中央公民館企画展示室



先日ししゅう高田松原プロジェクトの作品を見に行ったら、こちらを開催しているのを知りまして、合わせて拝見させていただきました。

仏像というものは、作った方によって当たり前ですが表情が違っており、むうと唸ってしまうものが多かったり、自分のような俗物の心の中を覗かれているような感じがしたりして、ドキドキしたり、反省したりしてしまいます。

仏像の写真展示がたくさんされていまして、土門拳さんの直弟子である、藤森武さんの写真で埋め尽くされています。

展示では、お線香を手向けることができます。もちろん館内で火を着けるわけではなく、お寺に持って行ってまとめて祈願してくれるとのことでした。説明にあったように、東日本大震災の復興祈願・海のそばで暮らす皆さんの、安全をお願いして参りました。

自分はうまいことが言えませんが、これまでもこれからも、そんな祈りを捧げていきたいと思っています。

みちのくの仏像岩手県巡回展
みちのくの仏像岩手県巡回展

関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報