釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
| Login |
2016年05月23日 (月) | 編集 |


岩手は広いなと感じるのが、実はこの季節だったりするのが私。冬の温度が違うのもありますが、この頃から夏にかけて、内陸部が暑くなる傾向が顕著になってきました。

東京に住んでいた頃、帰省で釜石に帰ると、ただただ寝ていた(笑)ことを思い出します。夏でも涼しくて、スヤスヤと寝られる幸せを感じていました。

高校教師が、岩手の軽井沢なんて言っていたことを、ふと思いだしています。

近くに営巣しているのか、シジュウカラさんの鳴き声が、朝からビシビシ聞こえてきます。屋根を塗っているペンキの匂いがしたりして、お山を見れば、雪がだいぶなくなってきました。

薫風の盛岡。ちょっとバテそうです、暑くて。

大船渡湾でウニ漁解禁 水揚げ上々、例年より数日早く
東京で「岩手の雪で遊ぼう」人気 北上、西和賀が提供
陸前高田のカキ バーニャカウダに : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


大槌町チャレンジデー2016が開催されます。

日時:平成28年5月25日(水)午前0時から午後9時まで
場所:大槌町各地

チャレンジデーというのは、市町村単位で参加するスポーツイベントで、毎年5月の最終水曜日に世界各地で開催されているものだそうです。

人口規模が近い自治体同士が、午前0時から午後9時までの間に、15分以上続けて運動やスポーツをした人の数、いわゆる参加率を競う住民参加型のスポーツイベントということで、健康増進にも役立ちますし、対戦相手に敗れますと、相手自治体の旗を庁舎のメインポールに、翌日から1週間掲揚して、相手の健闘を称えるなんて面白いルールもあるらしく、ちょっと燃えちゃうところも、なかなか面白いと思います。

15分程度の運動を、毎日無理なく続けるというのは、いいことですね。私もメタボというか、でっかい(笑)ので、週5から7日、軽い運動を継続しています。

ピンピンコロリなんて言いますけど、健康でいられるのが一番だなと思います。自分の経験上、病気をしてみないとわからないことがいっぱいありますが、病気しないに越したことはありませんし、なってしまうのも、それも当たり前だったりするでしょう。

結局は、心ひとつの持ちようなんでしょうね。自分は病気をしてからそれを本から学んで、今に至っています。おすすめするとかしないとかではなく、真実ではないかなと思っています。

ラジオ体操や城山ウォーキング、ふれあい交流会が予定されています。チャレンジデーをきっかけに、継続的に運動してみるのも、いいと思いますよ。

参考リンク:大槌町チャレンジデー2016について | 大槌町

大槌町チャレンジデー2016

関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報