釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
| Login |
2016年06月25日 (土) | 編集 |


雨からくもりへと、天気が移ろう盛岡です。来週の予報を見ると、梅雨の中休みと言いましょうか、晴れの日が続くようです。

出先で遅いお昼を取りながらテレビを見ると、予想もしなかった結果だという論調で語られていた、英国離脱の話。

詳しい方にお任せしますが、驚きも何もないなという印象です。保護主義に向かっている世界だと思いますので。

これからは取り合いになるでしょう。選挙の結果も、見えてきますね。

「黄金の國」誘客へラッピング列車 JR東北線で運行
岩手で「イングレス」国体・大会開催記念ミッション キャンペーン企画も - 盛岡経済新聞
梅雨 色づく杉木立 あじさいまつり開幕 | Iwanichi Online 岩手日日新聞社


紫波町のオガールプラザで、100万人のキャンドルナイト in いわて2016-夏編-が開催されます。エコバッグ教室や、絵本の読み聞かせなどは、もう始まっています。

日時:平成28年6月25日(土)11:00~18:30
場所:オガール/紫波町情報交流館 1F市民交流ステージほか

エネルギー関係の仕事から始めた私は、海外勤務を経て、エネルギーの使い方や将来を、自分なりにかなり学びました。今は全く違う畑で暮らしておりますが、今も間違ってるなとか、もっと真剣に考えないといけないと、いつも思っています。

ヨーロッパあたりから日本に来ると、明るすぎると感じるだろうなと。日本の電力使用量は、日本を1とすれば、離脱で揺れる英国は確か、0.25ぐらいなはずです。

自前のエネルギーを作り出せない日本は、原子力に頼ってきました。その様々な背景もわかっていますが、使うならきちんと管理しなければいけませんし、何かあった場合の責任を誰か取るのか?ということも論じなければいけませんね。

また、将来はどんな形で行けばいいか。つまりは、無駄遣いは解消しなければいけませんし、ベストミックスはどんな方法で行うかなど、過去の幾度かの悲しい歴史を考えれば、今こそやらなければいけないことは、本当にたくさん残されていると思います。

他国で使いまくってるからいいんだとか、あまりに他国を意識するのも考えもので、自分の国の政策としてどうするのか?という視点は、忘れていけないと思いますね。自分たちの問題なのですから。

前段が長くなりましが、今月は環境月間でして、夜に電気を消してキャンドルの灯りだけで過ごすのもいいのですが、天気が良ければ外に出て、のんびりお空を眺めてみるのもいいよねなんて思います。

考えることや意識することが、将来を決めていくと思います。それはどんな問題でも。浅薄な知識で生きていかないように、日々勉強だなと、自分への戒めを込めて。

イベントの詳細はホームページや、チラシをご覧ください。

参考リンク:100万人のキャンドルナイトinいわて Iwate-Eco「イワテエコ」岩手の環境情報ポータルサイト
100万人のキャンドルナイト in いわて2016-夏編-

関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報