釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
| Login |
2016年07月05日 (火) | 編集 |


今週に入ってから、空梅雨みたいな感じになっています。今日は爽やかな風が吹き抜ける盛岡です。

最近近くにはメジロさんがやってきて、可愛い声で鳴いています。動きが速いのか、私が間抜けなのか、はたまた両方ななのかは知りませんが、声はすれども姿は見えず...ではなく、鳴きながら飛んでいるのはわかるのですが、はっきりあの可愛い姿を捉えることが、私の目では出来ないようです。動体視力がかなり落ちてるんでしょうね。華麗(笑)によるものでしょうか。

冬に降る雪が少なかったので、今年は水不足にならなきゃいいなあと思っていたら、東京で水不足になるかもしれないとのニュースを見ました。多雨の地域もあり、なんとも悩ましいわけですが、自然の力に叶うわけはないので、どうやって凌いでいくか、共生していくか。

都市生活を送れば送るほど、そんなことに目が行かなくなりますね。自戒を込めて。

<矢巾中2自殺>父親「真相解明を」 | 河北新報オンラインニュース
追悼のユリ花盛り | 河北新報オンラインニュース
想定人口の半数以下に 大槌町中心部の町方地区調査
握り手に優しい木製スマホケース 陸前高田の企業が武蔵美と共同開発 - 三陸経済新聞


毛越寺あやめまつりは、7月10日までです。今はどんな感じでしょうね。

毎年6月20日から7月10日まで開催されているようで、30アールの広いあやめ園に、300種、3万株の花菖蒲が咲き誇るとか。

何れ菖蒲か杜若という言葉がありますが、自分と自分の仲間も、そんな感じになっていけたらいいなと思います。それは太平記に書かれていたもので、私は美女ではないので(笑)例えとしては変だと思いますが、傑物と呼ばれるような人間を目指すことは、人の短い一生を考えれば、悪くないことだと思います。

花の姿を見て、鳥の声を聞く。花鳥風月なんて言いますが、自分がそのように、自然の声を落ち着いて聞けるようになったことを、感謝して生きています。

毛越寺では、7月8日に本堂内特別参拝があるみたいですね。お時間のある方は、行ってみてはいかがでしょうか。

詳細はホームページをご覧ください。

参考リンク:毛越寺|祭り|あやめまつり

関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報