釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
| Login |
2016年09月28日 (水) | 編集 |


ブログを更新せずにいたのが、1ヶ月にもなりまして^^; 見ている方は多くないと思いますが、ご無沙汰しております。

台風で大きな被害が出たことに、ショックを受けて、ここに向かう気にはなれませんでした。それでも時は進み、周りの景色も変わっていきます。自分は自分で頑張らないといけない。色んな経験をして、人は大きくなっていくのでしょう。

あの時、自分でできることをやってくれ。それが復興につながっていくといった友は、遠いところに行ってしまいました。今回の旅で、ふと涙が出てしまいましたが、いくら忘れたと思っても、自分の人生が終わるまで、思いは残っていくのだと思います。

大事な仲間がいて、自分を思っていてくれる。それがどんなに幸せなことなのか。シビアな世界から離れてみたら、そんな人生が待っていました。

運命なんてものがあるとしたなら。そして神様がいらっしゃるなら。今がその時で、粋なことをしてくれるものだなと、そんなことを思っています。ありがとう。周りで見ていてくれる人たちに、感謝です。

7月に仕事の初めとして、福岡市を訪れました。今回はその第二弾ということで、長い滞在になりました。なかなか厳しい現実がありますけれど、できれば岩手と福岡をつなぐ一助になれたらいいなと。行くたびに、そんな思いが強くなります。

出発の前から、大型の台風の影響が心配されていまして、九州を直撃するコースを取っていました。もし飛行機が飛ばなければ、当日に入らなければいけない都合があったので、新幹線での移動まで考えていたわけですが...。

私の進む方向には、ほとんど影響がありませんでした。気圧の影響で、それなりに飛行機は揺れ、こういうのに弱い方には、ちょっときつかったかもしれません。

福岡空港への着陸態勢に入ると、右側から太陽の日差しが届き始めました。

あ。また後光が差している(笑)と言われるのかな?と思いましたら。ブロッケン現象が左側から見え始めました。

ブロッケン現象
ブロッケン現象

雲が切れるまで、長い間の現象を見ることができました。飛行機は何度乗ったか覚えておりませんが、初めての経験です。たまたまお日様が覗いて、たまたま左側の窓際に座っていたから、この光景に出会う。

たまたま。偶然と捉えるか、必然と思うか。人には口ではよく、偶然だよ偶然と言っていますが、心の奥底では、必然だと思っているところがあるような気がしますし、自分をよく知る仲間は、あ。まただ(笑)と思っていることでしょう。

だから何が起きるわけでもありませんが、人はものの考え方一つで、いいようにも、悪いようにもなるものですね。経験というのは大事なことで、それによって先の予測ができ、そして危機を回避できる反面、経験に縛られて、正しい判断が下せないこともでてきます。

物事にはバランスが重要で、遊びも大事です。そして日本で古来から言われてきている、言霊。

いい人生を作るには、いい言葉を使っていくのが大事なのでしょう。愚痴を言ったり、悪口を言い続けていくと、必ず自分に帰ってきます。因果応報ということでしょう。

これをアハハハ、バカじゃねえの?と考える人がいても、自分にとっては、我がなす事は我のみぞ知るといったところです。

たかが自然が織りなす現象だとしても、私は今回のブロッケン現象を、吉兆だと捉えたいと思っています。

これを見た皆さんにも、幸せがやってきますように。きっとそうなると、願っています。

【おまけ】
今回のお土産は、さいとう製菓さんの、かもめの玉子栗と、採れたてのりんご。間もなく出産の方もいらっしゃって、大変喜んでいただきました。そんなことも、嬉しく思える今日このごろです。

かもめの玉子とりんご

関連記事
テーマ:福岡
ジャンル:地域情報