釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
2017年02月23日 (木) | 編集 |
白く覆われた盛岡の街に、2月の雨が降っているようです。2月の雨か...と口に出してみると、少々の違和感を感じます。私が盛岡に住んでから、長い月日が流れましたが、2月に雨が降ったのは、何日ぐらいあったのかなと。

たぶん殆どなかったんだろうなあと思います。昨日みたいにきっちり冷える日も、来週にはまたやってくるみたいですね。1月までとは、明るさが全く違うことから、ほんの少しだけ、ウキウキするような気持ちがあるような。

時は否応もなく流れていきますが、あれからどこか、時間が止まってしまった感があります。

先のことは何もわかりませんし、人の気持ちも変わるもの。ただなんとなくですが、時が止まってしまった感覚は、ずっと持ち続けるのではないかなと、そんなことを思います。

百景社による、銀河鉄道の夜の公演があります。

日時:平成29年2月25日(土)・26日(日) 開場13:30 開演14:00
場所:リアスホール大船渡市民文化会館
入場料 一般:2,000円(当日2,200円)、高校生以下:1,000円(当日1,200円)

前売券発売中。プレイガイドは、
リアスホール
吉浜地域振興出張所
サン・リア
三陸町観光センター(三陸駅)
綾里物産観光センター銀河(綾里駅)
ヤマザキYショップリアス店
スーパー八兆屋
マイヤ5店舗
(大船渡店・大船渡インター店・赤崎店・竹駒店・アップルロード店)

百景社さんは、茨城県土浦市を拠点にしている劇団なそうで、野外公演や田んぼでの公演を行っているそうです。それはなかなか面白いですね。大船渡出身の俳優さんもいらっしゃるとか。

私は演劇にも本にも、全く造詣が深いわけがないんですが、本を読む量だけは、子供の頃から結構あると思います。銀河鉄道の夜を読んだのは、いつのことだったかな...全く思い出せませんが、子供に読んであげたのは、もう随分前のことだったなと。

オノマトペが好きなもので、自分で開発したり(笑)その手の本を、いろいろ読んだりします。宮沢賢治さんといえば、そのオノマトペをまとめた本もありますね。これは持っていないので、手に入れたいなと思っています。

今回の公演では、どんな世界が広がっていくのかなと、興味津々です。宮沢賢治さんが描いた心象世界。誰もたどり着けない境地だと思います。しかし、演技をすることで、そこに近づいていく。きっと素敵な舞台になることでしょう。

お誘い合わせの上、お出かけしてみてはいかがでしょうか。

【百景社銀河鉄道の夜 大船渡公演】の紹介でした。それではまた、お会いしましょう^^

参考:注目のイベント : リアスホール : 大船渡市

百景社 銀河鉄道の夜 大船渡公演
百景社 銀河鉄道の夜 大船渡公演
宮沢賢治のオノマトペ集 (ちくま文庫)
宮沢賢治のオノマトペ集 (ちくま文庫)

関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報