釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
2017年02月28日 (火) | 編集 |


ビリッとなのかガリッとなのか(笑)冷えましたの盛岡は、抜けるような青空が広がっています^^

海のない土地に住んで長くなりまして、こんな青空が恋しくなることが多くなりました。将来はそんなとこに別荘や支店を建てられたらいいなあなんて、夢の様なことを考えます。

雪は見えても、名残の雪。友待つ雪でしょうか。我が友を待つ春は、もうすぐそこです。

ひな祭り~名家に伝わるお雛様を愛でる~は、3月5日まで開催されています。

日時:2017年3月5日(日)まで。 9:00~18:00(※入場受付は17:30まで)
場所:もりおか歴史文化館
※盛岡市内在住で65歳以上の方、小・中学生のうち盛岡市在住・就学の方、障がいをお持ちの方やその介護をなさる方(障がい者1人につき1人まで)は無料になっています。

ひな祭り。男なので(笑)縁がないまま、こんな年になってしまいました。

うちにはお雛様がないと言ったら、とても心優しい方が、素敵なお雛様なんですが、これをどうぞと。ありがたい限りです。

寝入りのラジオで、お雛様は雨水から飾るのがいいと言っていました。流すからなんだろうなあと、寝ぼけながら聞いていました。

盛岡では最近、川の活用がテーマになっています。遠い昔に、いろいろ話していたことが実現し始めているのは、とても嬉しいです。

流し雛も、昨今の気候なら、できそうな感じがしますね。流し雛をして、いろいろなことを願う。親の気持ち子知らずかもしれませんが、尊いなと感じます。

今回の展示では、盛岡南部家、七戸南部家、城下町盛岡・遠野の商家に伝わる雛人形・雛道具、もりおか歴史文化館で所蔵している「上巳(桃)の節句」に関連する資料を中心に展示してくださるそうです。

今日みたいな素敵な天気だと、お雛様を見たら、更にウキウキするかな?なんて思いますね。

お誘い合わせの上、行ってみてはいかがでしょうか。

【ひな祭り~名家に伝わるお雛様を愛でる~】の紹介でした。それではまた、お会いしましょう^^

参考リンク:ひな祭り ~名家に伝わるお雛様を愛でる~ | もりおか歴史文化館

ひな祭り~名家に伝わるお雛様を愛でる~
ひな祭り~名家に伝わるお雛様を愛でる~

関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報