釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
2017年04月24日 (月) | 編集 |


スッキリ晴れ上がった、今日の盛岡です。ようやっとこんな季節がやってきたなあと、まるで冬眠から覚めたかのようになっている私です。

盛岡に住んで長いのですが、気候分布では、冬でもわりと晴れの日が多いとされるのが盛岡。もっとも岩手で言えば、我が古里の釜石のほうが、晴れの日は多いはずです。

雪の景色や冬の寒さ。それを楽しむ方もいらっしゃるでしょうが、私は冬になると、いつも春のことを考えながら過ごしています。今年はとある方法で、今までにない快適な春を過ごしていることもありまして、スギ花粉症になる前の気持ちって、こんな感じだったんだなあと思っています。

ポカポカで、ほんわかする春ですが、世の中の情勢は緊迫の一途です。子供とどこに避難するかも、打ち合わせ済みです。なにもないのが一番ですが、全く準備していないと、人は何もできないものです。

備えあれば憂いなし。忘れたくないものですね。

先日盛岡の町中をぶらぶらしました。雨も降りまして、お花見には向いていない日でしたね。今日明日は、かなり良い天気みたいですから、お時間のある方は短い桜の時期ですし、昼のお花見などに出かけてみてはいかがでしょうか。

前回のブログでは、石割桜と龍谷寺のモリオカシダレを紹介しましたが、今日は中の橋のたもとにある、モリオカシダレについて書いてみます。

お花の姿は、こんな感じです。

中の橋たもとのモリオカシダレ
中の橋たもとのモリオカシダレ
中の橋たもとのモリオカシダレ
中の橋たもとのモリオカシダレ

こちらの由来は、碑がありまして。書いてあります。

碑

元になっているのは、盛岡北山にある、法泉寺のモリオカシダレなんだそうです。桜の時期に訪れたことはなくて、まだ見たことがないんですよね。

参考リンク:法泉寺 -境内散策-

盛岡ロータリークラブが盛岡農業高校の協力を得て、こちらに定植したのが、1982年10月のことだそうです。私がまだ岩手にいた頃なんだなあとか、そんなことを考えながら見ることが多い、モリオカシダレ。

町中ですし、お散歩がてら見ていただきたい、素敵な桜です^^

【盛岡の桜】中の橋たもとのモリオカシダレ。法泉寺・盛岡ロータリークラブ・盛岡農業高校。でした。それではまた、お会いしましょう^^

一番いい季節です。ガイドブック片手に、岩手へ来てみませんか?^^

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

岩手(’17)
価格:972円(税込、送料無料) (2017/4/22時点)




関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報