釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
| Login |
2017年05月18日 (木) | 編集 |


青空。夏。なわけはありませんが、ちょっとした夏気分になるような、今日の盛岡です。

紫外線の強い日差しを浴びながら、今日は書いております。予約投稿でお送りします。

なんか冷風麺こと、冷やし中華でも食べたいなと思うような陽気です。あ。冷がけもいいなーと、まだお昼食べてなかったりします。

11時の天気予報では、日曜日の最高気温は29度と^^; なんじゃこりゃですね。熱中症対策をしたほうがいいケースもありそうです。注意していきましょう。

塩の道を歩こう会が開催されます。

日時:2017年5月21日(日)9:00~15:30
集合場所:野田村役場前

塩の道というのは、沿岸から塩や海産物を内陸に運び、内陸から沿岸へは、山の幸や木材などを運んだ道を言いますね。

科学的に塩を生成するようになって、途絶えてしまったのですが、海の塩はミネラルたっぷりですから、ミネラル不足と言われる現代人は、今こそ摂取したほうがいいんじゃないかな?と思ったりします。私は塩だけは、昔からこだわっていますので、精製塩は使ったことがないですね。

で、その塩の道。盛岡には当時を思い起こさせるような、碑があります。

塩の道

寺町通りに、ひっそりと佇んでいます。岩手の内陸と沿岸。お互い補完しながら、生きていた時代があります。人の心は難しく、相容れないこともあるようですが、私は沿岸出身で、長く内陸部に住んでいることもあり、どうにか仲良くやっていけないものだろうかと、考えることが多いです。

また話が横道に逸れましたが、塩の道を歩こう会は、ガイドさんとご一緒しながら、歴史を振り返りつつ、約12kmの道のりを歩くものだそうです。山の中も歩くということで、服装にも注意が必要です。

長袖長ズボンに、帽子。それとトレッキングシューズのように、山中を歩きやすい服装で行かれるのが望ましいでしょう。

また、昼食時の軽食やおにぎりに、飲物など。タオルや雨具の用意も、お忘れなきように。

今の時期は気候も良く、とても気持ちいい道中になると思います。その時々の景色を見ながら、先人の歴史に思いを馳せる。素敵な試みですね。

参加のお問い合わせは、観光物産館ぱあぷるまで。ホームページ内に、電話番号が載っておりますので、ご確認下さい。

ホームページ:観光物産館ぱあぷる | 岩手県野田村・道の駅のだ


【野田村】塩の道を歩こう会は、5月21日です。でした。それではまた、お会いしましょう^^

これはうまいぞ^^ (o ̄ー ̄o) ムフフ




関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報