釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
| Login |
2017年06月22日 (木) | 編集 |


薄日がさしてきた午後の盛岡で、ブログを書いています。今日は予約投稿でお送りします。

昨日は夏至でしたが、その日に梅雨入りしましたね。そんなこともあるんだなあと思いましたが、書物(笑)を紐解くと、何故梅雨と呼ぶのかの、定説はないと書いてありますね。

新暦の6月27日以降は、菖蒲華。これはあやめを意味するものだそうで、あやめとショウブの話は、いろいろややこしい^^;わけでして、詳しい人に任せたいです(笑)

今朝、夢を見ました。しばらく会ってない人が、我が家にやってきたというもの。夏至に見る夢は、宇宙からのメッセージかもしれませんし^^ 未来の結婚相手だとか、いろいろあるらしいですが。それはないと思いますね(笑)男性でしたし(笑)

雨の季節は自分にとって、読書の季節でもあります。真夏はどうしても、本を読む量が減ります。ぼけーっとする時間も必要ですが、できる限り自分への投資を続けていきたいなと思います。

胆沢城で、第22回あやめ祭りが開催されます。

日時:2017年6月24日(土)・25日(日)
場所:国指定史跡 胆沢城跡

3万株のあやめが咲き乱れるのが、国指定史跡の胆沢城跡地。会場内を自由に散策できますから、ブラブラしてみるのが良さそうです。夜はライトアップされるそうで、これもまた、美しいものでしょうね。

盛岡に住んでから、かなり長くなりました。6月に来まして、すぐに知らない土地であった、北東北をあちこち回るようになりました。ネットが発達していない時代のことでしたから、その地のことを調べるのも、書籍や人づてに。人との付き合いというのも、今より濃厚だったかなあと思います。

雨の6月に、住処から近い、中津川によく行っていました。雨に濡れるカキツバタを見ながら、一人この地で生きていくことになった自分。心細さと寂しさを感じたのが、ついこの間のことのように思えます。

また話が飛びましたが^^;

胆沢城あやめ祭りでは、千年の夢あかりという、あやめ苑のライトアップや、振る舞い餅、古代体験コーナーに、舞台発表などが予定されています。

週末のお出かけに、あやめの鑑賞などはいかがでしょうか?この時期にしか見られない色を、堪能してみて下さいませ。

【奥州市】第22回胆沢城あやめ祭りは、6月24日・25日に開催されます。でした。それではまた、お会いしましょう^^

第22回胆沢城あやめ祭り
第22回胆沢城あやめ祭り

奥州市の南部鉄器。素敵です^^




関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報